著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

Review

先物主導の上昇

週末のBTC相場は堅調な展開。焦点だった1万ドル乗せにあっさり成功、これで200日移動平均線、100万円、1万ドルと節目となるレジスタンスをクリア、上値の目途が大きく広がった格好。一時100万円を割り込んでいたBTC相場だが、アルトコインの上昇やコロナウィルスに対する各国の封じ込めや新型ワクチン開発への期待などもあり株式市場が戻す中、BTCは大きく切り返し、今度は1万ドルをトライする展開。金曜日にCMEのBTC先物が一足先に1万ドルに達すると、目立った材料はないものの1万ドル達成は時間の問題という雰囲気が広がった。木曜日に史上最高値を更新していた米株が、強めの米雇用統計にも関わらず反落すると若干上値を重くするも、106万円台でサポートされると、各社の証拠金取引と現物価格との乖離が拡大、現物の1万ドル達成間近といった機運も高まり、日曜日にあっさり上抜けると111万円台まで値を伸ばしている。
 

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。