売り圧力が続くビットコイン相場、どこまで下げるのか?【仮想通貨相場】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

Review

第2波

昨日のBTC相場は続落。キーとなる7000ドル水準(76-77万円)を下抜けた後、一旦は6800-6900ドル(75万円近辺)でもみ合ったが、もう一段の下げで6500ドル台(72万円)まで値を下げている。米株が連日史上最高値を更新する中、上値をうかがうも戻り高値を切り下げていたBTC相場だが、中国の大規模BTC詐欺スキームによる売り圧力がかかっているというBloombergの報道もあり7000ドルを下抜けると75万円近辺まで急落。ErisXの現物受渡型先物開始、テザー裁判での進展などもあり一旦は下げ止まりを見せていた。しかし欧米時間に入りリスクオン相場になるも上値を抑えられると、米株の高値警戒感もあってか円買い、スイス買い、VIX指数などが反発する中、仮想通貨も全面安となりBTC相場は再び値を崩した。中でも20セントを割り込んだXRPの下げがきつく、アルトコインと比べるとBTCの下げは小幅にとどまっている。

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。