やはりマネロンだけでは無かった、G20での仮想通貨規制。【朝の仮想通貨市況】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

Review

モナコイン・BNB上昇

週末のBTC相場は、引き続き高値圏での揉み合い。60万円トライするもあと一歩で跳ね返された。BNBの上昇やBakktのNY州カストディアン申請などもあり59万円台に値を戻すも、クレイグ・ライト氏が仮想通貨ポッドキャスターのピーター・マコーマック氏を名誉棄損で訴えた事もあってか58万円台に値を下げた。しかし、BitMEXがBSVの処理能力の問題でチェーンが分岐した伝わるとBCHが上昇、BTCも60万円トライへ。更にZaifがハッキング事件以来停止していた取引を再開するとしたモナコインが急騰を開始するとBTCも再び60万円をトライするもBNBの上昇が一服したこともあり58万円台へ反落。SankeiBizでG20で日本が顧客保護策など規制案を提示すると伝わったこともあり59万円台に値を戻している。

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。