複数の取引所を一括管理するプラットフォームと仮想通貨対応デビットカードを提供=フィデリウム

 米拠点で韓国に基盤をもつプロジェクトのフィデリウム(Fidelium)は昨年11月、大手デビットカード会社と契約を締結した。このデビットカードがあれば、仮想通貨の保有者は、世界中のどこでも仮想通貨による支払いができ、ATMで現金が引き出だせる。

 プロジェクトチームはコインテレグラフ に対し、デビットカードはフィデリウムのマルチウォレット・アプリと統合する計画があると明らかにした。これにより、ユーザーは世界中の仮想通貨取引所にアクセス可能となるという。

オールマイティなデビットカード

 オンラインの仮想通貨取引所がトレーダーにデビットカードを発行するのは、通常の手続きではない。フィデリウムは仮想通貨取引所ではないが、取引所間クロス取引プラットフォームのフォートレス(Fortress)を運営している。フォートレスのユーザーは、本人認証をした後、提携するどの仮想通貨取引所にもアクセスできる。

 このほか、フィデリウムは、マルチウォレット・アプリを開発中だ。フィデリウムトークン(FDI)、ビットコイン、イーサリアム、ライトコインに加え、その他複数の仮想通貨をサポートする予定となっている。

 スマートフォンにアプリをダウロードすれば、ユーザーはフィデリウムのプリペイド式デビットカードに申し込み可能だ。このデビットカードを使ってATMで現金を引き出したり、店舗で買い物したりできる。カードの保有者は、サポートされているコインの中から、支払いに使用するコインの選択が可能だ。フィデリウムは「決済業者との提携により、世界中のどこでも、特別な制約や待ち時間なしで、迅速で便利な仮想通貨の決済を実現していきます」とウェブサイトで書いている。

フォートレスの開発

 2017年11月、同プロジェクトは、取引所間クロス取引プラットフォームの「フォートレス」の開発に着手した。ホワイトペーパーによると、最初に解決したい問題は、リクイディティの低さから生じる価格差だ。地域間の価格差は、1万ドルを割った17年後半以降のビットコインで特に顕著だ。「ある時点のビットコインの価格は、米国では1万5000ドル、韓国では2000万ウォン(約1万8500ドル)だった。3500ドル、つまり、23%も価格差がある」。

 最大の問題はトレーダーが取引所を簡単に切り替えられないことにある。本人確認書類の写真をアップロードしたり、住所の証明書を提出したり、携帯電話番号やメールアドレスの認証をしたりと、手間がかかる。このような状況を改善するため、フォートレス・オンライン取引システムは、単一プラットフォーム上で、複数の取引所へのアクセスを提供する。ユーザーは取引所間の仮想通貨の価格差を比較し、どの取引所が最良の価格かを知ることができる。

今後の機能追加

 プロジェクトのチームはコインテレグラフに対し、プラットフォームの今後の開発についても明らかにした。「プロ向けのフォートレスを開発する。プレミアム版だ。取引の判断を助けるテクニカル指標など、詳細なチャートのオプション機能と豊富な情報を提供したい」。

 このほか、トレーディング・アルゴリズムに基づいた自動取引も採用する計画だ。詳細情報はこれからの発表になる。また、仮想通貨に加え、同プラットフォームでは、株式、オプション、先物取引もできるようにする予定という。フィデリウムは、19年中にもアジア、欧州の取引所をフォートレスでサポートする計画だ。

 1月12日、フィデリウムはトークンの先行販売を実施し、2月28日には、メインのクラウド・ファンディングを開始した。イニシャル・コイン・オファリング(ICO)は3月11日に終了したが、バウンティプログラムは記事コンテンツやユーチューブで現在も実施中だ。バウンティプログラムの参加者には報酬として、FIDトークンが与えられる。
 

免責事項 :コインテレグラフは当ページのいかなるコンテンツや製品も推奨していない。当社は自らが得たすべての重要情報を提供することを目的にしているが、読者はこの企業に関係したあらゆる行動をとる前に独自の調査を行い、自身の決断については全責任を負わねばならない。また、当記事は投資のアドバイスではない。