仮想通貨スタートアップのセロ、30億円超の資金調達に成功 |"簡単に使える"送金アプリ目指す

仮想通貨スタートアップCelo(セロ)が、著名VCアンドレーセン・ホロウィッツ氏のファンドなどから3000万ドル(約33億円)の資金調達をした。ウォール・ストリート・ジャーナルが報じた

セロは、開発者が仮想通貨を作るためのオープンソース・プラットフォームと仮想通貨の送受金をするためのアプリを開発。まずは銀行口座の持っていない新興国の人々に焦点を当てているという。

セロのシステムで使われる仮想通貨は、「セロ・ゴールド」と「セロ・ドル」。セロ・ゴールドは、取引を証明するために使われるトークンで、セロ・ドルは、ドルと連動するステーブルコインで、同時にセロ・ゴールドと他の仮想通貨の準備金によって裏付けられているという。

セロの最初の注力エリアは新興国であるものの、将来的には世界中のスマホユーザーをターゲットにしているという。セロの共同創業者であるルネー・レインズバーグ氏は、次のように述べたそうだ。

「我々は、スマホで直接的に基本的な金融サービスを使ってもらうことに対して大きなポテンシャルを感じている。我々はブロックチェーン技術を使うが、一般的なエンドユーザーに対してそのことを見せない。他のアプリ同様、簡単に使えるということを意識している

例えば、セロは、典型的な仮想通貨ウォレットよりも使いやすいアプリをデザイン。スマホに入っている電話番号とウォレットのアドレスが暗号学的に安全な方法で関連づけられ、利用者は送金したい人のアドレスをスマホで簡単に見つけられるようになるという。