仮想通貨マイニングは小規模プレーヤーにはすでに不採算=仮想通貨分析Dair

2018年の最初の6カ月間のビットコイン(BTC)のマイニング収入は、すでに2017年を上回っているが、マイナーの利益は減少している。仮想通貨分析のDiarが8日伝えた

Diarのレポートによれば、2018年の最初の3四半期におけるBTCマイニング企業の報酬と手数料は、2017年の利益よりも約14億ドル(約1580億円)多く、すでに47億ドルに達している。マイナーは現在でも月に5万4000BTCを得ている。

しかし、電気料金が絶えず上昇しており、マイニングは大手プレーヤーのみが収益を上げられるようになってきている。小売電力価格を支払っているマイナーは、今年9月に初めて不採算に移行したとDiarはみている。

ビットコインマイナーの支払う電気料金

Revenue and profit ratio for miners in 2018. Source: Diar

「ビットコインのマイニングは、少なくとも現在、そして将来的にも、巨額の富を持つより大きなプレーヤーのフィールドとなってきている」

しかし、大企業であってもビジネスを調整しなければならない可能性があると指摘している。例えば、中国の大手マイニング会社のビットメイン(Bitmain)は、マイニング企業にとって利益をもたらすネットワークを維持するために、「スイングプロデューサー(原油生産を増減させ、価格の安定を図るために調整役をする産油国)」のような行動をしているという。