仮想通貨相場、「13日の金曜日」も恐れず回復

 仮想通貨相場は、13日の金曜日、若干の回復を見せた。先週は、ビットコイン(BTC)が5%以上、イーサリアム (ETH)が7%以上下落していただけに、仮想通貨市場は一息ついた形だ。

Market visualization

Market visualization from Coin360

 執筆時点でビットコインは約6250ドルの水準で推移しており、24時間で約1%の上昇に留まった。先週からの弱気相場にも関わらず、6000ドルの水準は守った形だ。

 ビットコイン価格のパターンとして、横ばいの期間が長く続いた後に突然下落するという現象が起きており、専門家も理由について十分に説明できていない。

 テザーやクジラによる価格操作という見方もあるが、十分な証拠がない上に最近の研究では否定されている。

Bitcoin price chart

Bitcoin price chart. Source: Cointelegraph Bitcoin Price Index

イーサリアム は、執筆時点で437ドルで取引をしていて、ビットコインと同じように過去24時間で1%の上昇にとどまった。 

Ethereum price chart

Ethereum price chart. Source: Cointelegraph Ethereum Price Index

他の主要仮想通貨50もビットコインやイーサリアムのように小動きに止まるケースが多かった。EOSは4%以上のプラス、ダッシュは8.4%上昇した。

今週ハッキングされた分散型取引所バンコールのBNTトークンは苦戦している。ハッキングに3分の1ほど価格が下落したが、金曜日は0.8%の回復にとどまった。