米仮想通貨取引所コインベース、サークル発行のステーブルコインUSDC上場へ

米仮想通貨取引所最大手コインベース(Coinbase)が、取引プラットフォームに仮想通貨決済企業のサークル社が発行した米当局認可済みステーブルコインUSDCを追加する。コインベースが23日に公式ブログで発表した
コインベースがステーブルコインに対応するのはこれが初となる。

これにより、ニューヨーク州を除く米国居住のユーザーはcoinbase.comおよび同社のiOS/AndroidアプリでUSDCの売買や送金、受取が可能となる。今後は対応地域を徐々に拡大していく予定だ。

USDCはコインベースが導入する初のステーブルコイン(法定通貨を裏付け資産とした仮想通貨)で、同社とサークルが共同開発した基盤技術を使用している。各トークンは米ドルでペッグされており、その比率は1:1。コインベースのウォレットは既にUSDCトークンをサポートしており、プロ版の「Coinbase Pro」でも近々対応予定だという。

サークルには米最強の投資銀行ゴールドマンサックスも投資している。

(コインテレグラフ@マーケットアラート)