「暴落したって聞くけど、ビットコインは儲かるのだろうか」

「投資するメリットやデメリット、具体的な儲け方が知りたい」

今回のはこのような疑問や不安を解消していきたいと思います。

ビットコインは儲かる可能性が高いですが、大きな損失を出さないためにも投資におけるデメリットや自分に合った儲け方も合わせて理解することが重要です。

本記事ではメリットだけでなく、ビットコイン投資をする上で抑えておきたい注意点や投資方法も解説していきます。

ざっくり言うと

・ビットコインは法定通貨と比較しても価格変動が大きいため、儲かる可能性が高い。

・優れた取引の記録技術から、今後決済手段として普及することが見込まれている。

・ビットコインを取り扱う取引所はハッキングを受ける可能性があるので、セキュリティの強い取引所を選ぶのがおすすめ。

・結論、ビットコイン投資を行うなら、ビットコインの取引量国内No.1を誇る「bitFlyer(ビットフライヤー)」がおすすめ。

・「取引手数料」「入金手数料」が無料な他、圧倒的な取引量・取引者数を誇っているので安心。

・bitFlyerの独自機能「ビットコインをもらう」機能を用いれば、買い物やサービス利用でおトクにビットコインが溜まる!

1.ビットコイン(BTC)投資のメリット

ビットコイン投資には他の投資にはないメリットが存在します。

まずは、それらのメリットについて確認していきましょう。

メリット①:価格変動が大きく儲かる可能性が高い

ビットコインは価格変動が大きく、儲かる可能性が高い点はメリットの1つです。

例えば、米ドル円の価格変動は1年間で10%〜20%になることがほとんどです。

一方で、ビットコインは1日で20%以上の価格変動が起こることもよくあります。

価格変動が小さいと、1日の間でも利益を出せるチャンスはほとんどありません。

しかし、価格変動が大きければ、売買で利益を出せるチャンスも格段に増加します。

こうした点からも、ビットコインは大きく儲かる可能性が高いと言えるのです。

メリット②:レバレッジ取引であれば下落相場でも儲かる

ビットコイン投資の2つ目のメリットは、レバレッジ取引であれば下落相場でも儲けられる点です。

一般的な投資の場合、安い時に買って高い時に売ることで、その差額が利益となります。

これに対して、レバレッジ取引では下落相場でも利益を出せる「ショート(売り)」という手法を使うことができます。

ショートでは実際には持っていない通貨を売却したと仮定して、価格が下落し安くなってから買い戻すことで利益を出すことが可能です。

一般的な投資とは逆で、高い時に売って安い時に買い戻すことで、その差額が利益となります。

そのため、レバレッジ取引を使うことで価格の上昇や下落を問わず、24時間利益を狙い続けることが可能となるのです。

メリット③:金融庁からも認められている

3つ目のメリットは、ビットコインは金融庁からも認められているという点です。

多くの人はビットコインに対して、「怪しい」や「危ない」といったイメージを持っていることでしょう。

一方で、ビットコインを始めとした仮想通貨は、資金決済法という法律で「暗号資産」として定義されています。

この法律の中では、暗号資産(仮想通貨)が法定通貨と同様に「決済手段」として認められていることも明記されているのです。

こうした点からも、ビットコインは信頼性の高い公的機関からも認められた存在であると言うことができます。

ネガティブなイメージのあるビットコインですが、現在の位置付けは以前とは比べものにならないほど、大きく変わってきているのです。

メリット④:今後通貨の価値が大きく上がる可能性がある

4つ目のメリットとして、今後通貨の価値が大きく上がる可能性があるという点が挙げられます。

ビットコインの取引記録は一般に公開されており、高い透明性を保っています。

また、この記録を改ざんすることがほぼ不可能なので、安全性も高いと言えるのです。

こうした点からも、ビットコインは決済手段として普及することが見込め、それに伴い需要が増加し価値が大きく上がる可能性があると言えます。

メリット⑤:資産のリスクを分散できる

ビットコイン投資をするメリットには、資産のリスクを分散できる点もあります。

一般的に米ドルや日本円などの法定通貨は、政府や中央銀行が管理していますね。

こうした法定通貨は管理主体があることで、国の経済状況に左右されやすいという特徴があります。

もし不況が起これば、その国の法定通貨の価格も下落するなど、ネガティブな影響が出てしまうのです。

一方で、ビットコインには法定通貨のような管理主体がありません。

そのため、今のようにコロナウィルスの影響で世界経済が混乱していても、ビットコインに及ぶ影響は少ないと考えられています。

株式や債券、FXなどに加えてビットコインに投資をすることで、資産のリスクを分散することができるのです。

2.ビットコイン(BTC)投資のデメリット

ビットコイン投資はメリットばかりではありません。

この項目では大きな損失を出さないためにも必ず抑えておきたい、ビットコイン投資のデメリットについて確認していきます。

デメリット①:損失を出す可能性がある

ビットコイン投資の1つ目のデメリットは、損失を出す可能性がある点です。

ビットコイン投資のメリットでは、価格変動が大きいことで大きな利益を狙えることを紹介しました。

一方で、価格変動が大きいということは、大きな損失が出る可能性にも繋がります。

一般的な株やFXと比較しても、ビットコインの損失リスクは高いと言えるかもしれません。

そのため、投資をする際には資金に余裕を持って取り組むなど、リスクを下げられるよう心がけていきましょう。

特にレバレッジ取引で大きな金額を運用する場合などは、十分に注意して取り組むことをおすすめします。

デメリット②:ハッキングで資産を失う可能性がある

他の資産にはない、ビットコイン特有のデメリットとも言えるのが「ハッキング」です。

ビットコインのシステム自体はハッキングを受けるリスクがほとんどありません。

一方で、ビットコインを取り扱っている取引所では、外部からの攻撃を受ける可能性が極めて高くなっています。

これは取引所がサービスを提供するために、大量のビットコインを保有しなければならず、ハッカーのターゲットになりやすいことが原因です。

ハッキングから自分の資産を守るためにも、セキュリティの高い取引所を使うようにしましょう。

デメリット③:実需があまり存在しない

ビットコインには現段階で実需がほとんどありません。

ビットコイン投資をする人の多くは、本来の用途である決済では使わず、投機目的で購入しているのが現状です。

需要がなければ価格も上昇しない可能性があるので、この点はビットコインのデメリットと言えるでしょう。

デメリット④:価値の保証がない

ビットコイン(BTC)は国の中央銀行が発行しているドルや円といった法定通貨と違い、価値の保証がありません。

なので、ビットコイン(BTC)の価値が突然ゼロになってしまう可能性もゼロではないということです。

もちろん投資なのでリスクはありますが、株式や債権投資と比べるとデフォルトリスクは高くなってしまうでしょう。

デメリット⑤:仮想通貨の法規制の強化

仮想通貨は法定通貨に変わる未来の通貨と言われており、多くの人々がビットコイン(BTC)を利用し始めてしまうと法定通貨の価値が下落し、国は経済をコントロールすることができなくなります。

そこで考えられるのが、仮想通貨の法規制が厳しくなるとことです。

仮想通貨の利益に対する税金が大きくなったり、取引の禁止、法改正による価格の下落などが起きる可能性があります。

反対に国が仮想通貨を容認すればビットコイン(BTC)の価格は暴騰するはずです。

3.【超重要】ビットコイン(BTC)投資での儲け方の種類!

ビットコイン投資に関するメリットとデメリットは、ここまでの解説で理解できたかと思います。

次に重要になるのは、自分に合った投資方法を選ぶことです。

ここからは、ビットコイン投資での具体的な儲け方の種類を確認していきましょう。

儲け方①:現物取引

ビットコイン投資の1つ目の儲け方としては、現物取引が挙げられます。

現物取引は実際に存在するビットコインを売買する取引のことで、最もポピュラーな投資方法と言えるでしょう。

現物取引では価格が安い時にビットコインを購入し、数ヶ月から数年と「長期保有(ガチホ)」するのがおすすめの手法です。

長期間ビットコインの保有を続けて、価格が上昇したタイミングで全て売り抜けることで、大きな利益をまとめて得ることができます。

現物取引の長期保有は短期的な価格変動も気にする必要がなく、難しい知識も不要なので、初心者の人には特におすすめの手法です。

儲け方②:レバレッジ取引

ビットコインの2つ目の儲け方は、レバレッジ取引です。

ビットコインのレバレッジ取引では、自己資金の2倍という大きな金額を運用することができます。

仮に通常の取引で10万円の利益が出た場合、レバレッジ取引ならその2倍となる20万円の利益が出ることになるのです。

また、メリットでもお伝えしたように、レバレッジ取引では下落相場でも利益を出すことができます。

24時間いつでも利益を狙うことができ、なおかつその利益も大きくできるレバレッジ取引は、ビットコイン投資で儲けたい人にはピッタリの手法と言えるでしょう。

儲け方③:マイニング

ビットコイン投資の3つ目の儲け方としては、マイニングが挙げられます。

マイニングとは専用のコンピューターを使い、ビットコインの取引記録を付ける作業のことを指しています。

マイニングで取引記録を付けることで、その報酬としてビットコインを受け取ることができるのです。

一方で、本格的にマイニングをやろうとした場合、機材の準備など設備投資に莫大な費用がかかります。

加えて、国内外の大手企業がマイニング事業に続々と参入しているので、個人レベルで行うのは難しいのが現状と言えます。

また、2020年5月にはビットコインの報酬が半減する予定なので、今後はますます個人で取り組むのが難しくなると考えられています。

儲け方④:貸暗号資産(仮想通貨)サービス

ビットコイン投資の4つ目の儲け方は、貸暗号資産(仮想通貨)サービスです。

貸暗号資産(仮想通貨)サービスは名前の通り、暗号資産(仮想通貨)の貸し出しを行います。

そして、その報酬としてレンタル料を受け取ることで利益を得ていく仕組みとなっています。

取引所が主体となり提供していることが多く、国内ではCoincheckなどで貸暗号資産(仮想通貨)サービスが利用可能です。

ただし、ビットコインを貸し出している期間中は売却することができないというデメリットがあります。

仮に貸し出し期間中にビットコインの価格が下落しても売却できないので、大きな損失が出るリスクもあり、注意が必要です。

そのため、貸暗号資産(仮想通貨)サービスを使う場合には、ある程度長期的な目線で考えて利用することをおすすめします。

儲け方⑤:アービトラージ

 

アービトラージという方法で取引を行えば、リスクを抑えて稼ぐことができます。

アービトラージは仮想通貨取引所ごとのビットコイン(BTC)価格差を利用して利益を得る方法です。

ビットコイン(BTC)などの仮想通貨は全ての取引所で同じ価格で取引されている訳ではなく、若干の差があります。

なので、ビットコイン(BTC)の購入価格が安い取引所で購入し、売却価格が高い取引所に送金してから売却することで稼ぐことができます。

アービトラージは、どの取引所を利用すれば利益を出すことができるかを知ってさえいれば稼ぐことができるので、初心者の方でも投資資金さえあれば簡単に行うことが可能です。

ただしデメリットもあり、投資資金が少ない方は大きく稼ぐことが難しいということです。

価格差が利益になるので、購入通貨数が少ないと利益も少なくなってしまいます。

リスクを抑えて稼ぎたい方で投資資金のある方にとってアービトラージは優れた方法なので、ぜひ試してみてください。

4.儲けるならココ!おすすめ暗号資産(仮想通貨)取引所3選!

ビットコイン投資で儲けるなら、どの暗号資産(仮想通貨)取引所を選ぶのかも重要。

取引所毎に「手数料」「取り扱い通貨」「使いやすさ」がまるっきり違いますので、しっかりと比較した上で適切な取引所を選びましょう。

  1. bitFlyer(ビットフライヤー)
  2. Coincheck(コインチェック)
  3. DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)

おすすめ取引所①:bitFlyer(ビットフライヤー)

  • 2014年からサービスを開始しており、圧倒的な人気を誇る取引所
  • ビットコインの国内取引量「No.1」を誇っており、取引の成立しやすさ抜群!
  • 「取引手数料」「入金手数料」が無料なので、コストがかからない
  • 「ビットコインをもらう」機能を使えば、買い物でお得にビットコインが貰える!

今後ビットコイン投資で儲けるなら、bitFlyer(ビットフライヤー)は超おすすめな取引所。

2014年からサービスを開始している歴史のある暗号資産(仮想通貨)取引所で、なんとビットコインの取引量は国内No.1!

たくさんの方に使われている取引所ですので、安心して取引を行うことが可能です!

また、トレードのコストとなる「取引手数料」「入金手数料」が無料に設定されているので、手数料を抑えつつ、利益を最大限に引き出すことが可能です!

bitFlyer独自の「ビットコインをもらう」機能を用いれば、買い物やサービス利用でおトクにビットコインをもらうことができます!

「安全かつおトクにビットコイン投資を行いたいな…」という方は、bitFlyerへの登録は必須です!

おすすめ取引所②:Coincheck(コインチェック)

  • マネックス証券などを手がける一部上場企業「マネックスグループ」の傘下にある暗号資産(仮想通貨)取引所!
  • Coincheckの魅力は、何と言ってもスマホアプリの使いやすさ。その人気さゆえに、既にダウンロード数は250万を突破!
  • 取り扱い通貨は日本国内最多の12通貨!ビットコイン以外のアルトコインもたくさん取引できる。

Coincheck(コインチェック)は、あの「マネックス証券」をも手がけている一部上場企業「マネックスグループ」の傘下にある取引所。

bitFlyerと同様に「取引手数料」「入金手数料」が無料に設定されていますので、しっかりとコストを抑えられます!

また、Coincheckのスマホアプリ、は国内でもトップレベルの使いやすさを誇っています。

シンプルなチャート・取引画面が人気を呼び、スマホアプリのダウンロード数は既に累計250万を突破。

初心者の方でも、迷わず簡単にビットコインを購入することができます。

運営会社のマネックスグループは「マネックス証券」などの事業も展開しておりますので、セキュリティノウハウもバッチリ。

安心してビットコイン投資を行うことができますよ!

おすすめ取引所③:DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)

  • 数々の事業を展開している「DMMグループ」の傘下にある暗号資産(仮想通貨)取引所。
  • 「取引手数料」「入金手数料」に加えて「日本円出金手数料」も無料。取引にコストがほとんどかからない。
  • 主にレバレッジ取引に特化しており、暗号資産(仮想通貨)FX対応通貨は国内最多の9種類!
  • もともと「DMM FX」などの事業も展開しており、セキュリティノウハウも抜群。
  • 365日のLINEサポートサービスもあるので、初心者の方でも安心!

DMM Bitcoinは、金融事業やゲーム事業、教育事業まで幅広く展開している大手企業「DMMグループ」の傘下にある取引所。

こちらも元々「DMM FX」などの金融系事業を展開しているので、セキュリティノウハウや安全性の高さには定評があります。

同じ国内取引所の中でも「レバレッジ取引」に特化しており、暗号資産(仮想通貨)FXの対応通貨は、国内最多の9通貨!

加えて「取引手数料」「入金手数料」「出金手数料」が全て無料ですので、国内の中でも圧倒的な手数料の安さを誇ります!

ライン@による「365日サポートサービス」も展開しているので、初心者の方でも安心して利用することができる取引所です!

ビットコイン(BTC)投資でうまく儲けるためのコツ

コツ①:安全な取引所を使う

ビットコイン(BTC)を含め仮想通貨に投資を行う際は、安全な取引所を使うことが非常に大切です。

取引所によって、行っているセキュリティー対策が異なるので、取引所の口座開設を行う前に確認しておくことをおすすめします。

なぜ安全な取引所を使うのかと言うと、仮想通貨はハッキング被害に合うことが多く、ハッカー達はセキュリティーの甘い取引所を狙って通貨は盗み出しているからです。

ハッキング被害に合わない為にも、セキュリティー対策に力を入れている取引所を使うようにしましょう。

この記事で紹介している大手仮想通貨取引所は全て、利用者が多く運営実績のある取引所なので、どこを使ったら良いか分からない方はこの中から選んでみてください。

コツ②:余剰資金で投資を行う

ビットコイン(BTC)投資のリスクを抑えて取引するコツの2つ目は、余剰資金で投資を行うことです。

余剰資金とは生活に必要な金額ではなく、失ってもすぐに生活に影響がでないお金のことを言います。

ビットコイン(BTC)は短期間で大きく価格が変動する市場で、ハイリスクハイリターンの投資になります。

早く稼ぎたいと考えすぎてしまうと、生活に必要なお金まで全て投資してしまい過度なリスクを背負ってしまうので、初心者の方ほど余剰資金で投資を行うことを忘れないようにしましょう。

ビットコイン(BTC)は小額投資だとしても価格変動が大きく、値動きが早いので稼ぐことは十分可能です。

焦らず小額から取引経験を積んでいくことをおすすめします。

コツ③:将来価格の分析を行う

ビットコイン(BTC)の将来価格を分析しなければ、上手く投資を行うことはできません。

将来価格を分析する方法としては以下の2種類があります。 この2種類の分析方法を取得すれば確実に稼ぎやすくなるので、ぜひ学んでみてください。

ビットコイン(BTC)の将来価格の分析方法

①テクニカル分析

②ファンダメンタル分析

分析方法①:テクニカル分析

テクニカル分析はチャート画面の情報を元に将来価格を分析する方法です。

チャート画面では過去の値動きが表示されますが、移動平均線や出来高など色々な指標を組み合わせて分析することで将来の価格を予想することができます。

過去の値動きから分析を行うので、あくまで将来価格の予想になります。

しかし適切に分析ができれば価格の波に乗って利益を上げることが可能です。

テクニカル分析ができるようになると、短期投資で非常に役立ち、短期間で稼ぐことができるようになります。

分析方法②:ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ分析は、チャート画面ではなく、ビットコイン(BTC)の技術や将来性などの情報から将来の価格を予想する方法です。

ビットコイン(BTC)に関連するニュース情報などを判断材料に使い、短期投資より長期投資で効果を発揮します。

ファンダメンタルズ分析を上手く行うには、ビットコイン(BTC)に関連する情報を収集する能力や、情報の本質を分析する能力が必要になるので、日頃から分析を行って経験を積む必要があります。

コツ④:分散投資を行う

ビットコイン(BTC)に高い将来性を感じて「絶対に値上がりする!」と確信を持っていたとしても分散投資を行うようにしましょう。

1つの通貨に集中投資するのではなく、複数通貨に分散して投資することで、万が一の暴落リスクを低くすることができます。

分散投資をしていれば、1つの通貨が暴落したとしても、他の通貨が上昇していれば損失を小さくすることができますし、利益を上げることも可能です。

仮想通貨に投資を行う際は、通貨の分散も行いますが、仮想通貨全体が暴落してしまう可能性もあるので、株式や債権など他の市場にも分散しておくのがおすすめです。

コツ⑤:すぐに通貨を売却しない

最後は投資初心者の方に多いのですが、少し含み益が発生すると、早く利益を確定したい欲に負けてしまい売却してしまわないように気をつけることです。

仮想通貨の市場はまだまだ小さく、ビットコイン(BTC)は今後大きく成長する可能性が高い通貨なので、長期的な視野で投資を行うのをおすすめします。

短期的な値動きが激しく「今利益を確定しておかないと損するのではないか」と不安になるかもしれませんが、その場合は投資金額が大きすぎる可能性があるので、余剰資金で長期的に保有していられる金額で投資を行いましょう。

4.まとめ:リスクもあるがビットコインは儲かる可能性が高い!

この記事では「ビットコイン投資が儲かるのかどうか」という疑問にお答えしてきました。

今回紹介したように、ビットコイン投資はメリットだけでなく、損失が出るリスクも存在します。

一方で、ビットコインには優れた取引の記録技術があることや、公的機関が認めたことなどからも、長期的には価格の上昇が期待できる要素が数多くあります。

また、ビットコインの現在の取引価格は約80万円ほどで、ピーク時の最高値200万円の半分以下になっています。

現在価格は割安と考えることができるので、お得に購入できるチャンスを逃さないためにも、取引所への登録は早めに済ませておくようにしましょう。