ブラジル大統領候補、ビットコイン規制の必要性を強調

ブラジル自由祖国党(PPL)の大統領候補である、ジョアン・グラール・フィリオ氏は、最近の仮想通貨市場の動向を「慎重に」観察している。同氏はブラジルにとって必要性が高く、信頼性のある規制を望んでいると表明した。Bitcoinnewsが伝えた。

自由祖国党は、どのような規制が必要で最も効果的であるかを知るため、他国の仮想通貨を研究しているという。同氏は「ビットコイン市場やその他仮想通貨は規制されていない。取引量に関してブラジルは今や世界第4位で、規制に関する法案は下院で議論中だ」とのべた。