仮想通貨取引所コインママ 45万のEメールアドレスなどデータ流出を発表| ダークウェブで発見

 イスラエルの仮想通貨ブローカーCoinmama(コインママ)が15日、45万のEメールアドレスとハッシュ化されたパスワードが流出したと発表した。

流出したEメールとパスワードは、2017年8月5日までに登録されたもので、ダークウェブに投稿されたことが確認されたという。今回盗まれたデータは、何者かが24社からハッキングした合計7億4700万分の利用者データの一部だという。現在のところ悪用された形跡はないそうだ。

コインママは、クレジットカードを使って仮想通貨の購入できる取引所として知られている。利用者のクレジットカード情報は保管していないとしているものの、コインママは、利用者に対してパスワードを変えるようにアドバイスした。