仮想通貨取引所コインチェック記者会見 Q&A全文 和田氏、ICOやSTOへ興味示す|テレビCM再開は?

金融庁に仮想通貨交換業者として登録されたことを受けて、コインチェックは11日、記者会見を開いた以下は、コインチェックの勝屋敏彦代表取締役、和田晃一良執行役員、大塚雄介執行役員と記者とのQ&A全文だ。

去年1月のコインチェック事件からのマーケットの動きを勝屋氏や和田氏はどう捉えているのか?今後の目標は何か?また、和田氏が仮想通貨に感じる魅力は何か?Q&Aセッションを通して明らかになった。

記者会見 Q&A 全文

Q. 足元の相場が悪い要因に、去年のコインチェック事件を指摘する声も出ているが、それについてどのように受け止めているか?また不正流出事件は二度と起こさないと宣言できるのか?

勝屋氏「昨年、当社の不正流出事件を境に、必ずしもそれだけでもないとは思うが、マーケットの流れが変わったきらいはあると思います。当社のお客様、取引先だけではなく、マーケットに携わる方々に対して、ご迷惑をおかけしているという認識はあります。だからこそ私どもとしては、ほぼ1年間だが、しっかりセキュリティを高めて二度と不正流出がないように、努めてきました。ただセキュリティに関しては、『そこまでやれば万全』ということではなくて、内部管理と同様に不断に努力をしてようやくキャッチアップできるものだと思っております。私どもとしては、そうした不断の努力を惜しまずしっかりやっていくことに尽きるのではないかと思っております。」

Q.コインチェック事件から1年がたった。騒動があったことで現在仮想通貨に対して不信感を持っている人がいるし、逆に浸透したという面もある。1年を振り返ってあの騒動がどういう風なものだったと考えているか?

和田氏「確かにちょうど1年前に私たちの不正流出事件があって、その影響で色々なところにご迷惑をおかけしたことは大変申し訳なく思っています。ま{