コインチェック 仮想通貨ビットコインSVを日本円で交付へ

仮想通貨取引所コインチェックは18日、昨年11月のビットコインキャッシュハードフォークで誕生したビットコインSVについて、日本円で交付を行うと発表した

交付日は、「市場価格等へ影響する可能性」があるため公表しない。交付の実施後、改めてコインチェック社の公式SNS等にて知らせるという。

対象者は、「2018年11月16日 AM2:52:01のハードフォーク発生時点」で、コインチェックの「『取引アカウント』または『貸仮想通貨アカウント』においてビットコインキャッシュ(BCH)を保有し、かつ2019年3月18日 AM11:00時点で当該アカウントが通常通り利用している」顧客となっている。

今回の措置は、コインチェックの「計画されたハードフォーク及び新コインへの当社対応方針」に基づいている。

ビットコインキャッシュは、昨年11月16日未明、ビットコインABCとビットコインSV側のアップグレードを巡る対立により、結果として2つのチェーンにハードフォークした