シスコ、ブロックチェーンの秘密通信技術の特許出願中

 ITやネットワークの世界大手シスコは、ブロックチェーン技術に基づいた機密性のあるグループ通信方式を開発していることが、3月29日に公開された米国特許商標庁(USPTO)の特許出願情報で明らかとなった
出願情報によると、ブロックチェーン技術によって、メッセージンググループ、ファイル共有、メンバーの履歴追跡における気密性と安全性を向上する。また、アドホック・メッセージンググループの共通の課題を解決する目標を掲げている。

「どのようにグループを設立し、メンバー同士でやり取りし、メンバーを更新し、承認されていない改竄から守るかということは、動的で分権化され、自己組織化するグループにおいては、こうしたことに対して効果的な構造を利用できないというのが共通の問題だった。この方式によって、アドホックで分権化されたグループの定義付け、動的で分権化されたメンバーの更新、共有、改竄耐性の獲得、メンバーの履歴の追跡が可能になる」

 

「この方式では、暗号キーの使用による安全なネットワークの確立を提案する。前述の分権化されたネットワークに基づいて、承認された参加者のみがグループチャットに参加できる」

 

 この方式では、暗号キーの使用による安全なネットワークの確立を提案する。前述の分権化されたネットワークに基づいて、承認された参加者のみがグループチャットに参加できる。ジェネシスブロックは、最初のグループメンバーの組を定義し、最初の参加者によって生成される。会話へのメンバーの追加や削除も含めたこのチャットのすべての行動は、それに続くブロックに記録される。可能性のあるこの技術のその他の応用先として、テキストメッセージのやり取りのみならず、ファイル共有やメディアのストリーミングも考えられる。

「要約すれば、ここに記載したものは、機密性のあるグループ通信において、グループメンバー更新の改竄耐性のある経時的な記録となっている、データブロックの順序リストに関して承認を行う方法だ。こうした技術には多くの応用がある。インスタントメッセージング、コンテンツシェアリング、メディアストリーミングの末端間の暗号化を可能にするというのは、そのような応用のひとつだ。これは機密性のあるグループ通信を可能にするよう設計されたプロトコルやアプリケーションの開発に有用だ」

 

 出願は昨年12月で、書類はシスコがブロックチェーンをIoT(モノのインターネット)デバイスの追跡に利用することを提案した、過去の出願の継続出願となっている。

 特許出願の公表によって、出願者はその中の技術に対する一定の暫定的な権利が認められる。特許が承認されると、出願者は特許出願の公表日から特許の発行日までに発生した特許を侵害する活動から合理的な特許使用料を得ることができる。