中国IT大手テンセント、デジタル通貨の研究グループ設立計画 デジタル決済にブロックチェーン技術活用【ニュース】

中国の大手IT企業テンセントは、ブロックチェーン技術の研究プロジェクトをさらに発展させるため、デジタル通貨の研究グループの立ち上げを計画している。

中国メディアの23日の報道によれば、テンセントは従業員向けにの通知の中で、デジタル通貨分野の研究グループの設立と、同グループの新しい責任者を募集していることを明らかにした。

このデジタル通貨研究グループは、ブロックチェーン技術を使い、デジタル決済におけるテンセントのイノベーションに焦点を当てているという。

テンセントは、ソーシャルプラットフォームの「ウィーチャット」を運営し、スマホ決済のウィーチャットアプリも手掛けている。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン