「仮想通貨リブラが有価証券かは判断しかねる」CFTC委員長が言及【ニュース】

米商品先物取引委員会(CFTC)のヒース・ターバート委員長は米CNBCのインタビューで、米フェイスブックが計画する仮想通貨リブラについて「ビットコインと異なり、まだ存在していないために有価証券なのかは現時点はわからない」と答えた。

<iframe width=560 height=349 src=https://player.cnbc.com/p/gZWlPC/cnbc_global?playertype=synd&byGuid=7000109443 frameborder=0 scrolling=no allowfullscreen webkitallowfullscreen mozallowfullscreen oallowfullscreen msallowfullscreen ></iframe>

インタビューでは米国での仮想通貨規制について、ビットコインやリブラについて聞いた。

ターバート委員長はCFTCがコモディティを管轄する立場から有価証券は対象外だと述べつつも、有価証券がコモディティに変わることもあると説明。

その中で、ターバート委員長は「ビットコインはすでに約10年あり、判断材料が多くある。そのため有価証券ではなくコモディティであることは明らかだが、リブラは複数の法定通貨と連動するなど、不明瞭な点が多々ある」と今後も注視していく必要があると言及した。