ソフトバンク参加のブロックチェーンコンソーシアム 「2020年の商用ユースケース構築目指す」

ソフトバンクをはじめとする世界の大手通信キャリアで組織する「CBSGコンソーシアム」は、ブロックチェーンを活用した決済システムの商用ユースケースを2020年初頭に立ち上げる考えだ。

同コンソーシアムは、ブロックチェーンを活用したモバイルウォレットを開発し、通信キャリア間のクロス決済システムの構築を目指している。

既にソフトバンクは台湾の遠傳電信(ファーイーストン)とともに今年1月に台湾や日本でこの技術のフィールドテストを実施した

【関連記事:ソフトバンク ブロックチェーンを使ったモバイル決済の試験完了

「2020年初頭に商用ユースケース」

このほどCBSGコンソーシアムの中心メンバーの1つ、TBCASoftがインドネシアのバリで開催されたワークショップについて公表した

CBSGコンソーシアムの共同代表であり、TBCASoftの創業者兼CEOのリン・ウー氏は、今回のワークショップを踏まえ「このユースケースが2020年に利用可能になるのを楽しみにしている」と語った。

また台湾のファーイーストンのシャーマン・リーCFOは、今年1月に行った試験を踏まえ、「2020年初頭に強力な商用ユースケースの立ち上げを構築・検証するために強力していく」と述べた。

ソフトバンク「他社と差別化する絶好の機会」

ソフトバンクの野崎大地執行役員は、CBSGの取り組みが他社と差別化する絶好の機会をもたらすと強調した。

「私たちのコンソーシアムのメンバーは、クロスキャリア/クロスボーダー機能を持つモバイルウォレットサービスによって、自社のソリューションを差別する絶好の機会を持つ」