ビットコインは16日時点で7000ドルのサポートライン付近を推移しており、11月25日以来の6000ドル台へ落ち込む瀬戸際を推移している。

(出典:Coin360 「BTC/USD 7日間」)

こうしたビットコインの値動きについて、ボリンジャーバンド指標の開発者であるジョン・ボリンジャーは13日、ツイッターで価格の推移に警鐘を鳴らした。

「ほとんどの仮想通貨はボリンジャーバンドのスクイーズレベルかこれに近いレベルだ。注意を払う時だ」

<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Most crypto currencies are at or near Bollinger Band Squeeze levels. Time to pay attention.</p>&mdash; John Bollinger (@bbands) <a href="https://twitter.com/bbands/status/1205601394616483840?ref_src=twsrc%5Etfw">December 13, 2019</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>

価格の変動範囲を予測するボリンジャーバンドでは、価格幅が絞り込まれる(スクイーズ)とブレイクアウトが発生する。ボリンジャー氏自身もこのブレイクアウトが上昇するのか、下落するのかは読めないようだ。

ボリンジャー(出典:TradingView)

仮想通貨投資家のキーズ・ウォーレン氏はこのほど、ボリンジャーバンドのサポートがある6900ドルを守れなければ、今後5〜6ヶ月で2700ドルまで激しい売りが起こるかもしれないと予測した。

同氏は今回の相場の底については2020年5月頃になるとしている。


【関連記事:底はまだ遠いのか?ビットコインのチャート、去年4〜5月と酷似