次世代通信5Gに欠陥 通信傍受などの危険も【仮想通貨・参考】

4G(第4世代移動通信システム)と次世代の5Gでセキュリティー上の欠陥を発見したと米パデュー大学とアイオワ大学の研究者が発表した。テッククランチが報じた。この欠陥によって、通話の傍受や位置の追跡などが行われる可能性があるという。次世代通信システムとして期待されている5Gでも脆弱性が改善されていないとあって、今後、波紋を呼ぶかもしれない。

研究者らは、電話やメールが届く前にキャリアが端末を呼び出す「ページングプロトコル」の脆弱性をついたTorpedoや端末にそれぞれ割り当てられている「IMEI(国際移動体装置識別番号)」を特定する攻撃などに晒される可能性を指摘。セキュリティーが改善されたと考えられる5Gでも発生しうることを問題視している。

研究者によると、「攻撃の容易さなどから実証コードは公開しない」。世界中のモバイル通信事業者を代表する団体GSMAにはすでに報告済みだが、GSMAはまだ修復していないという。