仮想通貨ビットコインは4回目のパラボリックフェーズか、米ベテランアナリストが指摘 

先月29日の急落以降、ビットコインは1万ドルを下回った水準で推移しているが、ベテランテクニカルアナリストのピーター・ブラント氏1日、ビットコインは第4回目のパラボリック(放物線を描く上昇)フェーズに入ったかもしれないと指摘した。

(出典:Peter Brandt「ビットコインのパラボリックフェーズ」)

前回のパラボリック・フェーズは、過去最高を記録した2017年末にかけての上昇相場だ。

ブラント氏は、去年のビットコインの84%以上の下落予想を的中させた。また、今年2月、相場の動きが2015年にビットコインの強気相場が再開する前と似ていると指摘。仮想通貨業界からも注目されているテクニカルトレーダーだ。

【関連記事:仮想通貨ビットコイン急騰 2015年強気相場の前と同じ動き?

ハッシュレートはまた過去最高

ビットコインのマイニングにおける計算力を示すハッシュレートは、8400万TH/s(テラハッシュ)を突破。再び過去最高を更新した。

(出典: blockchain.com「ビットコインのハッシュレート」)

仮想通貨アナリストのマックス・カイザー氏は、「ハッシュレートは価格に先立つ」とし、2万8000ドルが視野に入ったと述べた。