27日の仮想通貨ビットコインは9000ドルのレジスタンスの前で足踏みをしている。足元では8800ドル付近を推移し、過去24時間でほとんど値動きがない状態になっている。

レンジ内の値動きを続けているビットコインだが、弱気派が価格を押し下げ、一気に7000ドルまで下落するのではないかとの声も強まっている。

(出典:Coin360 5月27日午前10時30分)

クオンタム・エコノミクス創業者のマティ・グリーンスパン氏は、ビットコインは3月の暴落以来、以前上昇トレンドの中にいるとツイート。8800ドル付近を保持していることを高く評価している。

ただ、このラインが過去数週間にわたり、強力なサポートとして機能している一方で、このサポートラインを今後下回るのではないかとの声が強まっているようだ。

仮想通貨アナリストのTraderXOは短期的に現在は下降チャネルの中にあるとするチャートを投稿。一時的に9400ドルまで上昇する可能性を示唆しているものの、その後大きく下落するストーリーを示した。

現在の短期的な流れの中でビットコインは下降ウェッジを形成していることから、7000ドルへのシナリオについては著名海外トレーダーのJonnyMoe氏も同じ考えを示している。

「断崖絶壁のビットコイン。この下降ウェッジが維持されていれば、我々は上昇トライアングルオプションを維持する。私はこれが失敗し、7000ドル台に飛ばされると見ている」