ブロックファイ、仮想通貨トレードサービス開始 ビットコイン、イーサなど対象【ニュース】

仮想通貨の預金で金利を稼げるサービスを手がける米BlockFi(ブロックファイ)は5日、新たにトレーディングサービスを開始した。

トレード対象となるのは、ビットコイン、イーサ、ステーブルコイン「ジェミニ・ドル(GUSD)」。利用者は、自身の預け入れ仮想通貨を使って、3通貨間での取引が可能となる。

ブロックファイは、金利獲得サービス、米ドルでのローンに加えてトレーディングと3つのサービスを柱にすることになる。

【関連記事:米ブロックファイの仮想通貨預金サービス、人気急上昇。 一説では相場高騰の要因との見方も