業界最大級ビットコイン取引所にて出金遅延頻発、第二のマウントゴックス事件を懸念する声も

 ビットコイン対米ドルの取引量で世界一の仮想通貨取引所ビットフィネックス(本拠地・台湾)において、出金しにくい状態が続いていることがわかった。同社が運営していると噂される仮想通貨ティーザー(Tether)をめぐる問題が関連している可能性があり、2014年に破綻した「Mt.Gox」の二の舞になるのではという声があがっている。

 ティーザーは米ドルなどの法定通貨に連動しており、ティーザー社によって管理される法定通貨の準備金に裏打ちされていることになっている。

 ところがあるユーザーが指摘するように、同社規約には「ユーザーは、ティーザーを現金に変換するための契約上または法的な根拠を有さない」とあり、懸念が広がっている。

 また、ビットフィネックスの取引所上でレバレッジをかけた大口取引による激しい値動きが目立つようになっている。何者かが500億円規模の資金にレバレッジをかけて「仮装取引」を行うことで、仮想通貨の値動きを操作している可能性があるという。

 これら一連の事から、「ティーザーの準備金がレバレッジ取引のために使われている」と見る声があがっている。

 あるユーザーは、「ビットフィネックスは次のマウントゴックスだ。皆そろって騒ぎ始めており大きな問題になりそうだ。マウントゴックス破綻もこうやって始まり、何百億円ものユーザーの金が失われた」とコメント。81名のユーザーがリツイートしている。

 ビットフィネックスは業界でもトップを競う取引所として透明性のある情報公開が求められている。そこでコインテレグラフはビットフィネックス社にコメントを求めており、何らかの回答があり次第報告する予定だ。


コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー