先週末の仮想通貨ビットコイン高騰、中身を伴わない上昇だった【ニュース】

10月26日のビットコイン急騰は、ビットコインネットワークの活発化を伴わないものだった。

26日にビットコインの価格は40%以上上昇したものの、ビットコインのアクティブアドレス数はたった9%の増加幅にとどまった。アクティブアドレスとは、24時間以内に送金か受金を少なくとも1回したアドレスの数だ。コインメトリックスによると、2019年の最高水準をはるかに下回っている。

(出典:Coinmetrics「ビットコインのアクティブアドレス数」オレンジ丸は価格のピーク」)

ビットコインのアクティブアドレス数は、今後の相場を占う上で重要な指標と位置付けるアナリストもいる。

仮想通貨投資会社BKCMの創業者ブライアン・ケリー氏は、1日あたりのアクティブなアドレス数が7月以降で減少傾向にあることを懸念していた。

【関連記事:ビットコイン強気派のケリー氏、「短期で慎重」な理由を説明

また、コインメトリックスによると、「調整済みの移転価値」は14.6%の上昇にとどまり、こちらも2019年の最高水準をはるかに下回った。

一方、1日あたりの取引数でビットコインは26日0.1%のマイナス。イーサリアムの4.6%プラスを大きく下回った。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版