(先週)ジンバブエでのビットコイン取引は85%のプレミアつき、7200ドルの値を付ける

最近様々な国でのハイパーインフレーションの話題が増えている。国家が通貨の切り下げを行っている現実に市民が直面するにつれ、彼らはパンをひとつ買うために、現金のバックパックを持って行かなければならない。

 

このような通過切り下げ環境下では、他の(安定した)通過の形式が歓迎されている。ジンバブエはそのような国のひとつである。ジンバブエでは、2008年にハイパーインフレーションの臨界点を迎え、今再び脅威を増している。同国はさらなるハイパーインフレーシンの脅威に向かって進んでいるように思われており、市民はドルやビットコインに目を向けている。

 

ジンバブエのビットコイン

 

政府がクレジットカード決済を禁止し、現金の国内への流入及び国外への流出に規制をかけ始めると、ジンバブエでのビットコインの使用が急激に伸びた。車両の支払いをしたい人々はビットコインの使用を強いられており、車両のレンダーはそれを喜んで受けている。

 

このような混乱の中、現地のビットコイン取引場のBitcoinFundiではその価格は7200ドルへと高騰した。このプレミアは、政府規制が伝統的な取引手法を不可能にした経済の中で取引方法を見つけたいという人々の必死な願いを表している。

 

ハイパーインフレーションが経済を騒がせているベネズエラの最近の報告では、ジンバブエと同じようなビットコイン使用の増加が発生したと示している。市民はビジネスのために民間のソースに目を向けることを強いられており、このような経済では「Bitconization (ビットコイン化)」に直面するかもしれないということが示唆される。


 

※原文

Bitcoin Trading at 85% Premium in Zimbabwe - Priced at $7,200

https://jp.cointelegraph.com/news/bitcoin-trading-at-85-premium-in-zimbabwe-priced-at-7200