ビットコイン(BTC)の”実現”時価総額が6月19日に過去最高値を記録した。ここ数カ月で新たな投資家の参入が増えていることを示しているかもしれない。

グラスノードによると、ビットコインの実現時価総額は1066億3000万ドル(約11兆4000億円)。3月の仮想通貨大暴落であるブラックサーズデー前に記録した過去最高を塗り替えた。

(出典:Glassnode ビットコインの実現時価総額)

”実現”時価総額は、それぞれのコインを「最後に動かされた時(すなわち、2つの異なるアドレス間で移動した時)の価値」で測る。例えば、あるビットコインが最後に動かされた時が2017年だった場合、現在の価格(例えば9500ドル)ではなく当時の価格(例えば2500ドル)で計測する。

ポジティブ要因?

実現時価総額の上昇は、多くの投資家の参入により短期での過熱感を示しているかもしれない。実際、前回は2月に過去最高値を記録して、その後3月に暴落した。多くの投資家がウォレットから取引所にビットコインを移動している可能性も考えられる。

ただ、中長期的な強気トレンドを示しているかもしれない。ビットコイントレーダーのルーク・マーティン氏は、「価格はまだ過去最高ではないが、投資家の確信は高まっている」という見方を示した。

翻訳・編集 コインテレグラフ ジャパン