仮想通貨(暗号資産)のベテラントレーダであるトーン・ベイズ氏によると、現在の「最悪のシナリオ」はビットコイン価格が7000ドルに下落することだという。

9000ドルは非常にいい押し目

ベイズ氏は自身のユーチューブチャンネルで、ビットコインの底値について予想。現在は10000ドルのサポートを何度もテストしている段階で「もし(1万ドルを)割り込んだ場合、9000ドルは非常に良い押し目だ」とした。記事執筆時点では1万ドルのサポートで反発し、10700ドル付近を推移、過去24時間で5%ほどの回復を見せている。

ベイズ氏はこの後に、1万ドルを割り込んだ場合の下値について「私の最悪のシナリオは7000ドルだ」と話した。9000ドルに突入すれば、ビットコイン市場が弱気になったことになると指摘した・

ただ、一方で、「ビットコインが1万ドル以上にとどまる期間が長ければ長いほど、ビットコインはより強気になる」と予想した。

「継続的な上昇は強気であり、継続的な下落は弱気だ」

ビットコインは今年3月に急落した3600ドルからは大幅に回復したものの、最近では12500ドルを上抜けられずに1万ドル付近を行ったり来たりしている。しかしベイズ氏によると、次に12000ドルを取り戻すことができれば「急激に上昇する」という。

(出典:Coin360「ビットコインの月足チャート」)

下落リスクは35%以下

既報のように、アナリストたちは短期的に下落したとしても、一貫して、ビットコインに強気な予測を繰り返している。

著名なビットコイン価格予想モデルであるストック・フローモデル(S2F)提唱者のPlanB氏はサポートとして割り込んだことがない200週移動平均線から、現在の理論価格は6700ドルであると主張している。この200週移動平均線は毎月200ドルずつ上昇していることから、10月にはこの価格がベイズ氏が予想している7000ドルに到達することになる。

コインテレグラフに寄稿する仮想通貨アナリストのマイケル・ファン・デ・ポッペ氏によると、当面の間のビットコイン価格は、9600ドルに設定されているCME先物のギャップを割り込むことはないと予想している。


翻訳・編集 コインテレグラフジャパン