米連邦準備理事会(FRB)が3月3日に緊急利下げを行った。仮想通貨ビットコイン(BTC)はFRBの緊急利下げを受ける形で上昇したものの、8900ドルの壁で跳ね返された。

(出典:Coin360 日本時間3月4日6時40分時点)

昨日もビットコインは8900ドルのレジスタンスを突破できずに反落していた。ビットコインはFRBの発表から数分間で170ドルほど上昇した。

FRBは、新型コロナウイルスが米国や世界経済に打撃を与えることを懸念して緊急で0.5%の利下げに踏み切った。定期的な会合以外の時期での利下げは2008年の金融危機以来だ。

しかし、米国株式市場は下落。前日の過去最高の上昇幅からは一転して、FRBの対応がマーケットの不安を和らげることはなかった。

3月3日のダウ平均株価は、785ドル安で取引を終えた。

ビットコイン 200日移動平均線での攻防続く

市場関係者がテクニカル的に重要な水準として注目する200日移動平均線での攻防が続いている。

執筆時点では200日移動平均線を再び突破。8950ドル付近にある最初のレジスタンスに直面した形となっている。

(出典:TradingView「ビットコイン/米ドル(1日)と200日移動平均線(オレンジ)」)

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン