ビットコインは15日未明にも続伸した。午前6時時点で前日に8500ドルを突破したビットコインは過去24時間で7%上昇し、足元で8700ドルを回復している。


(出典:Coin360 1月15日午前6時20分)

ビットコインは過去1週間で、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)とFTXの2つのオプション取引の開始があった。CMEは初日に230万ドル、FTXは過去24時間で3000万ドル相当が取引された。先物商品への関心の高まりが今回の上昇の一要因になったかもしれない。

トレーディングビューで有名なアナリストであるジェイコブ・カンフィールド氏は先日、8500ドルを上回った場合、次の重要局面は9000ドルだと指摘している。

アルトコインではイーサ(ETH)、XRPも10%以上急騰し2ヶ月ぶりの回復をみせている。裁判をめぐる思惑買いも想定されるビットコインSVはさらに続伸。90%超上昇し、2019年7月以来の水準に達している。

(出典:Coin360 「BSV/USD 1年」

【関連記事:仮想通貨ビットコインが8400ドル回復|次の重要な局面は?

【関連記事:ビットコイン、2ヶ月ぶりに8500ドル回復|BSV急騰は裁判めぐる思惑買いか