仮想通貨ビットコインのマイナーは超強気か 採掘難易度が3Qに60%上昇予測も

ビットコインの採掘難易度が2019年の第3四半期(7-9月期)にほぼ60%上昇する見込みだ。採掘難易度が上がればビットコインが上がると考えられている。

仮想通貨アナリストのケヴィン・ルーク氏の見通しによると、採掘難易度は2016年以降で平均42%ずつ上昇。2018年第4四半期に低下して以降、今年は右肩上がりで上昇。ルーク氏は、第3四半期は60%上昇するだろうと予測した。

ビットコインの採掘難易度は、10分に1回のブロック生成を維持するため2週間ごとに変更される。一般的に、ネットワークに参加するマイニングのパワーが大きくなれば、採掘難易度は上がる。

トークンインサイトによると、歴史的にビットコインと採掘難易度は正の相関関係にある。また、2019年の第1と第2四半期にマイナーが購入したマイニング機器が第3と第4四半期に納品され、より高い計算力を誇るマイニング機器が導入される見込みだ。

トークンインサイトも、2019年の後半はマイニングのパワーが増大して採掘難易度が上昇すると予想している

【関連記事:仮想通貨ビットコイン 来年夏に2万ドル越え、採掘難易度も急上昇=トークンインサイト予測

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版