ビットコインは滅びぬ― 何度でも甦るさ! (アンドレアス氏インタビュー)

ビットコインは死んだ…過去五年にわたり何度もそう思われてきました。

しかし、未だに私達の間に存在しています。以前よりも力をまして、そして全くその姿を消すそぶりを見せません。問題は―なぜ多くの専門家達が、早い段階からビットコインは死んだ、とその判断を見誤ってきていたのか?という点です。今回はまさにその問題、そして現在のビットコインシステムの堅牢性について、アンドレアス・アントノポウロス氏に意見を伺いました。

 

そもそも死んでなどいない

 

2010年当たりからその人気が出始めてから、この5年にもわたり、エコノミスト、政治家、銀行家や経済人たちが何度もビットコインは死ぬ、と断言してきました。

ウィキペディア上のビットコインの死を扱った記事は以下の例しかありません。

 

フォーブス誌は、ビットコインは2011年6月に”死んだ”とし、さらに同年8月にGizmodo社オーストラリア支部が記事を掲載しました。

WIREDは、”失効した”、と2012年12月に綴り、Ouishare Magazineは、”ゲーム終了だ、ビットコイン”と2013年5月に記し、さらにはニューヨークマガジンまでもが、ビットコインは”墓へと片足突っ込んでいる”などと2013年の6月に書いていました。

ロイター通信は2014年1月に”死亡記事”を発表。

ストリートインサイダーは、ビットコインは”死んだ”、と2014年2月に発表し、続いてウィークリースタンダードが、2014年3月に、そしてサロンが続き、Vice Newsが、フィナンシャルタイムズが9月に同様の記事を出します。

 2015年の1月には、USAトゥデイが、ビットコインは、”灰の山に頭を突っ込んでいる”などと書き、テレグラフ社が”ビットコイン実験終了”と述べました。

 

 

しかし、これらは大海におけるほんの一滴にしかすぎない

 

99bitcoin.comもまた、こういったビットコインの”早すぎる死”に関しての引用集をまとめあげて載せました。ページリストは当時83にも上り、全て英語での記事のみでした。もちろん、これも全体のごく{