ビットコイン、短期で急落のサインか |XRP(リップル)は0.3ドルで苦戦、BSVは暴騰【仮想通貨相場】

ボラティリティ(変動幅)が低いビットコインだが、今後1週間ほどで大幅下落するかもしれないという見方が出ている。

ビットコインは過去24時間、8200ドル付近で膠着した状態が続いている。

かつては「キムチプレミアム」が話題となった韓国仮想通貨市場は取引高が激減していると報告されている。また、ビットコイン取引の際に資金の退避先として使われるステーブルコインも30%以上減少した

ブルームバーグは、「退屈な」ビットコイン相場が近い将来に急落する兆候をいくつか指摘。

例えば、ビットコインは過去7回のトレードセッション中の6回で、取引開始価格を下回って取引を終えた。前回このパターンが観測された時は9月中旬で、1週間後に約20%下落した。

一方、ビットコインSVが21%以上も暴騰している。XRPは堅調に推移しているが、0.3ドルのレジスタンス突破に苦戦している。

(出典:Coin360