仮想通貨ビットコインの半減期まであと、10時間ほどとなった。半減期を迎えるとビットコインの新規供給量が50%減少し、マイナーのブロック作成報酬は12.5BTCから6.25BTCと半分になる。

現在足元ではビットコインは下落気味で8500ドルを推移している。

(出典:Coin360 5月11日午後18時30分)

半減期を迎えると、価格はどのように推移するのだろうか。

最もよく言われるのが、半減期によってビットコインの希少性が高まり、価格の上昇圧力になるのではないかという考えだ。ブロックの作成報酬が減少するとともに、現在毎日1800BTCが生産されているのが、半減期後には900BTCに減少する。

ただ、気になるのは価格はいつ上昇するのかだ。

既報の通り、前回の半減期後にはビットコイン価格はすぐに下落した。一部のアナリストは今回も同じ減少が起きると見ている。

年末に過去最高値予想

これについて、ストック・フローモデルで有名な仮想通貨アナリストPlanBは、ユーザーから価格上昇の時期について「半減期後すぐに始まるのではなく、年末に上昇する理由はなぜ」との質問に対し半減期後に始まるフェーズ5に対し以下のように答えた

「次のフェーズの正確な開始から終了の日時はまだわからない。私はまだ推測する必要がある。これまでのフェーズから半減期の日付と正確に一致しない。ただ4年間の感覚であることはわかっている」

今後の価格については、仮想通貨アナリストのBTC_JackSparrowは11日、今後3ヶ月の見通しとして「強気になる」との見解を示した。

その流れとして、

  • 5月は両方向からの高いボラティリティ
  • 5月末から6月にかけて上昇
  • 7月末から8月にかけてサポート(9000~11000ドル)

との動きを予想。そして自身の予測が正しければ12月から来年1月に過去最高値に向かって上昇すると指摘した。