サンタンデール銀行、株主総会でブロックチェーン投票

 ヨーロッパ最大の銀行のひとつで、スペインに本社を置くサンタンデール銀行は17日、企業として世界で初めて、株主の議決権投票にブロックチェーン技術を導入したと発表した

 サンタンデール銀行がブロックチェーンに関する初の試みを行うのは、過去1カ月間でこれが2例目である。サンタンデールは、米国の電子データ処理サービス会社ブロードリッジ・ファイナンシャル・ソリューションと提携して、3月23日に行われた株式総会での株主による議決権投票を行った。

 プレスリリースによると、JPモルガンとノーザン・トラストがカストディアンとして参加し、またサンタンデールのブロックチェーン専門組織であるブロックチェーン・ラボも加わった。

 「ブロックチェーン技術は、投票の受付や票集計のプロセスの効率性と透明性を高め、全ての過程における穴を埋めることができる」と、企業サービス部長のルイス・アントニオ・ペレズ氏はコメントしている。

 ブロックチェーンを投票プロセスに導入しようという動きは着々と進んでおり、今回の投票はその最新の例だ。政府機関も、この技術を使ってどうやって従来のやり方を改善させるかを模索している。

 ロシアは、地方レベルでブロックチェーン投票を試験運用しようと計画中だ。18年3月には、シエラレオネが国として世界で初めて全国的な選挙でブロックチェーン投票を導入したという誤った噂が広がり、ニュースの見出しを飾った。

 サンタンデール銀行は先月、リップル社と提携して、特定市場の顧客へ対してブロックチェーンの国際決済サービスを提供するという独自の先駆的なプロジェクトを立ち上げた。

  • フォローはこちら: