エイプリルフールの仮想通貨ジョークまとめ

 毎年4月1日のエイプリルフールになると、仮想通貨分野に明るい人たちは、ますますマニアックな内輪のジョークやいたずらで張り合おうとする。今年のエイプリルフールも例年と同じことが起こった。

 2015年、掲示板レディットのビットコイン(BTC)をテーマにしたスレッドでは、現在は倒産した仮想通貨取引所のマウントゴックスから盗まれた全てのビットコインが、司法取引を望んでいる元米麻薬取締局(DEA)捜査官により返却されるという虚偽の投稿がなされた。昨年には、イーサリアム(ETH)の共同創始者であるヴィタリック・ブテリン氏が、18年にイーサリアムはプルーフ・オブ・ワーク(PoW)アルゴリズムからプルーフ・オブ・オーソリティ(PoA)に変更する予定であると、いたずら目的のブログ記事を書いた。

 今年、ブテリン氏は再びエイプリルフールのネタ記事をブログに書いた。ワールド・トレード・フランク(WTF)と呼ばれるイーサリアムの安定したコインの立ち上げを発表。ブテリン氏は「資本主義と社会主義のあらゆるメリットが組み合わせられており、そのどちらのマイナス面も持たない」と説明し、現在、怪しげな太平洋諸島の国々、国家の政府に売り込み中とした。以下の画像は、WTFのメンバーのページのスクリーンショットだ。

 ツイッターで「神の子の通貨」と説明されているジーザスコインのアカウントは1日、ブテリン氏がジーザスコインの経営陣に新たに加わるとツイートした。

 ジーザスコイン
 @Jesuscoinico
 素晴らしい知らせがある。ヴィタリック・ブテリン氏が私たちのチームに参加した。 @VitalikButerin宛にリツイートし、更に1万JC(ジーザスコイン)を入手し、月を飛び越えてすぐさま天国に行こう!

 

 人気の仮想通貨時価総額のランキングサイトであるコインマーケットキャップは、同サイトにリストアップされた仮想通貨に対する「ランボ」という価格の基準を追加し、各通貨がおよそ何ランボの価値があるかを表示するようにした。ビットコインは現在、およそ6561ドルで取引されている。この時、コインマーケットキャップの1ランボはちょうど20万ドルの価値になる。

 レディットのユーザーであるdrowssap5も、エイプリルフールの精神に触れ、ビットコインをテーマにしたスレッドに、テザーが長く待ち望まれていた完全な会計報告書をついに発表したと投稿。以下のような警告を付け加えた。

「なんてね。テザーはそんなことしないだろう。ハッピーエイプリルフール!」

 

 プリペイド式携帯電話にビットコインでお金を追加できるサービスのビットリフィル(Bitrefill)は1日、ツイッターとブログの両方に社名をシットリフィル(S**trefill)に変更すると投稿し、公式URLまで「新たな名前」に類似したものに変更した。

 シットフィルはミディアムブログの記事で、ビットコイン需要の減少を考慮し、シットフィルはシットコイン(s**tcoin)、つまりビットコインのように長期間にわたり高い価値を持つとは見なされていないコインに注力していくと書いた。また、シットフィルの新たなトークンであるシットコインキャッシュ(S**tCoinCash)を立ち上げ、ライトニングネットワークに相当するクラックニングネットワークと呼ばれるものをサポートする予定と述べた。

 金融ニュースサイトのファイナンス・マグネイトは、フェイスブックが独自の仮想通貨を立ち上げるとする独占記事を掲載。8億5000万ドルを調達したテレグラムのイニシャル・コイン・オファリング(ICO)に匹敵する、大規模なICOを行うと書いた。偽のフェイスブック・コインは名前、住所、電話番号、母親の旧姓、初めて飼ったペットの名前などのデータを要求し、最近フェイスブックが仮想通貨に関わる広告を禁止したにもかかわらず、フェイスブック上でフェイスブック・コインの広告を掲載していると茶化した。

 この他にも、数多くの偽の仮想通貨の立ち上げが発表された。ブログサイトであるタンブラー(Tumblr)は偽のタンブルコインを、デザインに関するウェブサイトのハウズ(Houzz)はハウズコインズを、スーパーのチェーンであるサムズ・クラブはバルクコインを発表した。

 一方、仮想通貨のコメンターである@WhalePandaは、ビットコインの価格こそエイプリルフールの本当の冗談だとツイートした。

 @WhalePanda
 今日の本当の#エイプリルフールの冗談は、#ビットコインの価格だ。

 ファイナンス・マグネイトによるフェイスブックのICOに関するでっち上げの記事と同様に、ブロックチェーン・センターは冗談で「グーグルのICO」について伝えた。その冗談の記事によると、グーゴル(Googol 、GG)と呼ばれる同検索エンジンサイトのコインは、ブロックチェーンにより機能するわけではなく、代わりにその全ての取引が、全世界に分散された、素晴らしいSQLデータベースに記録されるようになるそうだ。

 コインテレグラフ・ジャパンは、独特なテイストで人気の同サイトのイラストレーターが、来月に個展を開催すると発表。しかし、アクセス数は本記事執筆時点で1000強と、振るわなかったようだ。

  • フォローはこちら: