日銀雨宮副総裁、「CBDCの発行準備ができていなければならない」=ロイター

日銀の雨宮正佳副総裁は30日、都内で講演し、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の発行について「需要がある場合に備え、日本銀行はデジタル通貨を発行する準備ができていなければならない」とCBDC発行の可能性を強調した。ロイター通信が報じた

日銀の関係者からデジタル通貨発行について話した、初めての強い発言だ。

ただ、即時に発行する計画はなく、金融政策への影響や安全基準を確保するための措置など様々な要因を精査する必要をあげた。

雨宮副総裁は黒田総裁などと同様に発行の可能性を調査し続けることが非常に重要であるとした。

「技術革新のスピードは非常に速い。決済システムが世界で普及することで、CBDCに対する国民の需要が日本で急増する可能性がある」