イーサ上の分散型アプリを簡単に作成! アマゾンウェブサービスが新サービス発表

 アマゾン ウェブ サービス(AWS)が19日、同プラットフォーム上でブロックチェーンを使った分散型アプリ(通称dApps)を展開できるサービスを開始する。公式ブログで発表した。

 AWS Blockchain Templatesと呼ばれるサービスを使うと、煩雑な手順抜きでイーサリアムとハイパーレッジャー社による「Fabric」といったブロックチェーンを使った分散型アプリを作成できるようになるという。

 AWS社は昨年12月6日にR3 DLT コンソーシアムとの提携を発表。同団体の開発するCordaがAWSで展開できるようになっていた。

 「ハイパーレッジャー」はLinuxファウンデーションが運営する企業で、昨年7月にブロックチェーンコード「ファブリック1.0」をリリース。中国のホアウェイやIBMスイスなど既に多くの企業に採用されている。

 イーサリアムは2014年にヴィタリック・ブテリン氏が立ち上げたビットコインに次ぐ仮想通貨だ。