ビットコインキャッシュ(BCH)が高騰 新たなBCH向上提案が後押しか

 ビットコインキャッシュ(BCH)が日本時間8日夜から急進している。6日に付けた766ドルから約70%上昇し、現在1300ドル付近で売買されている。

 今回の上昇の背景には、ビットコインキャッシュを向上させるための二つの新たな「ビットコインアンリミテッド・インプルーブメント・プロポーザル(BUIP、ビットコインアンリミテッド向上提案)」があるようだ。

 まず一つ目の提案が、ビットコインからビットコインキャッシュを取り出す方法を説明する文書を作ることだ。特に、コールドウォレットの中のビットコインから分岐されたビットコインキャッシュを取り出すのが難しいとされており、この手順を明瞭化する必要がある。より良いフォーク管理やウォレット管理の方法を広めることにより、エコシステムのさらなる健全化を狙う。ちなみにそういった文書の第一稿を作った人には0.25BCHが支払われるという。この提案は既に可決している。

 次にまだ可決していないBUIP085だ。ビットコインキャッシュでなされた支払いが「二重支払い(ダブルスペンディング)」になっていないかを警告するシステムの開発が提唱されている。この機能が正しく動作するためには、ネットワークに正しくこの情報をリレーさせ、ウォレット上でも「二重支払い」が発生していないかどうか見えるようにする必要がある。決済速度が速いがゆえに存在していた二重支払いへの懸念を払しょくする狙いがある。

 また先週、P2Pで物品を売買するマーケットプレイスであるオープンバザール(OpenBazaar)でビットコインキャッシュ決済が始まったことも今回の上昇に寄与していると見られる。

 さらに今週、ビットコインキャッシュを推進するロジャー・バー氏が運営するサイトが「ビットコインキャッシュが本当のビットコインである12の理由」という記事を発表。ビットコイン(BTC)との比較の中で、ビットコインキャッシュの優位性を論じている。

  1. 手数料が安い
  2. ブロックサイズが大きく取引処理能力が安定している
  3. 決済に使える「P2Pの現金キャッシュシステム」である
  4. ブロックチェーン上でスケールできる
  5. 手数料を上げなくても瞬時に取引できる
  6. 採用商店が増えている
  7. BTCは手数料が高く発展途上国における使用に向かない
  8. 開発アプローチが非中央集権的
  9. コインを分割したり合わせるコストが無い
  10. 検閲に耐性がある
  11. セグウィット(署名隔離)を実施しておらず、サトシ・ナカモトが定義した通りのセキュアな「デジタル署名のチェーン」である
  12. スマートコントラクトを搭載予定

 ライトニングネットワークの導入を進めるビットコインとの「宗教論争」は継続しており、今年もビットコインキャッシュに集まるビッグブロッカーの動向に注目が集まる。

  • フォローはこちら: