XYOがMicrosoft Azureでのプッシュボタン地理空間ブロックチェーン・アプリの提供でマイクロソフトとの提携に合意

このプログラムにより、マイクロソフトのGo-To-MarketリソースをXYOが利用可能に

サンディエゴ-- XYO ― は本日、脱集中化ブロックチェーン・アプリの開発・試験・生産のための将来対応のリソースを提供するためにマイクロソフト(NASDAQ: MSFT)と提携したと発表しました。この提携により、XYOはマイクロソフトの幅広いサービス(Compute Services、Data Services、IoTなど)でシームレスに動作するライブラリーとツールを開発者に提供することを目指します。XYOの地理空間ブロックチェーンのアプリとサービスは、リリースされた時にはMicrosoft Azureのマーケットプレースで提供され、世界の開発者が自分の地理空間ブロックチェーン・アプリケーションを作成してリリースできるようにします。そのすべてをXYOが支えます。

XYOのアーキテクトで共同創立者のArie Trouwは、このように述べています。「私たちは、マイクロソフトとのパートナーシップを発表できることに高い期待を感じます。マイクロソフトのネットワークでは、私たちのブロックチェーン・ベースのIoTノードをMicrosoft Azureベースのアプリケーションとシームレスに一体化することができ、私たちのソリューションを業界最大規模の顧客コミュニティーやマーケットプレースの1つに訴求することができます。」

この発表と同時に、XYOは、アーンスト・アンド・ヤング、アクセンチュア、コンセンシス、その他の先進的組織という現在のパートナーの一員となります。マイクロソフトのパートナー・ネットワークは、幅広いテクノロジー企業がリソースを利用できるように設計されており、マイクロソフトのテクノロジー・エコシステムに直接関係するビジネス価値を作り上げることが可能になっています。

ドイツのミュンヘンで開催されたコンクールで、業界団体MOBIから表彰を受けた時のXYOの共同創設者たち。 (左からアリ・ツロー,スコット・シェーパー, マーカス・レビン)

XYOとマイクロソフトとの合意の一環として、XYOはモノのインターネット(IoT)ビーコンとブロックチェーン・ベースのネットワークをMicrosoft Azureで利用できるようにし、Microsoft Azureのためのプッシュボタン式スマートコントラクトのサービスも構築します。さらに、XYOはマイクロソフトの「Go-To-Market Services」と技術アドバイザーを利用できるようになり、世界各地のマイクロソフトの顧客やパートナーに向けて統合ソリューションの販売をさらに推進し、訴求機会を増やすことを目指します。

XYOについて

2012年以来、当社はデジタル世界を物理世界に結びつける信頼できるIoT技術を開発してきました。2018年には、当社はXYOネットワークを披露しました。これは、暗号技術を基盤とした世界初の地理空間ブロックチェーン・ネットワークです。100万個を超える位置検証ビーコンが地球上に展開されている当社の技術はGPSネットワークのライバルであり、世界の主要産業を根本から変革するものです。当社のパートナーには、マッピング大手のEsri、フェデックス研究所、Re/Max Mexico、スペースフライト・インダストリーズが含まれます。XYOアドバイザーは、ナショナル ジオグラフィックや世界経済フォーラムを含む重要組織から迎えています。

詳細情報については、www.xy.companyhttps://ja.xyo.networkをご覧ください。

フェイスブック:https://facebook.com/pg/XYOJapan 

インスタグラム:https://www.instagram.com/xyojapanofficial/
ツイッター: https://twitter.com/XYOJapan

XYO Media Contact 
Larry Smalheiser ラリー・スマルハイザー
Head of Communications 広報部長 XYO
larry@xyo.network