プレスリリース

今年の「夏の映画祭り」は残念ながら1回休みだ。だが、仮想通貨フリークはがっかりしないで欲しい。それ以上に熱いイベントが企画されているのだから。賞金総額200ビットコイン(BTC)、取引手数料20%オフ、入金ボーナス最大9,400USDTの史上空前の仮想通貨トレードコンテスト『WSOT』(World Series of Trading)がそれだ。

史上空前の仮想通貨トレードコンテスト

7月30日、シンガポールの仮想通貨取引所Bybitは仮想通貨トレードコンテスト『WSOT』(World Series of Trading)の開催を発表した。本コンテストの開催は今年が第1回目で、以後、隔年の開催が予定されている。賞金総額は史上最高の200BTC(約2億円)。2020年8月10日から8月31日まで開催される。参加申込は7月30日19:00(日本時間)から

本コンテストは、Bybit登録ユーザーであれば、世界中の誰でも参加できる。『WSOT』におけるランキングの基準は、利益率。取引量は問われないので、資金量の少ない参加者にも優勝のチャンスがある。

本コンテストの前身でなる『Bybit Games-BTC Brawl』は、2019年に開催され、7,000人以上のトレーダーが参加した。その大成功を引き継いで開催されるのが『WSOT』で、史上空前の200BTCをめぐって、腕におぼえのあるトレーダー達が争うことになる。参加予定者には、仮想通貨業界の大物や名うてのギャンブラーもいるという。
 

仮想通貨業界の輝かしい未来のために~Bybitの取り組み

今回第1回となる『WSOT』は、地球規模で開催され、一流のトレーダーたちが世界各地から集まる。そして、未来のスタートレーダーにとっても、自らの頭角を現すには、これ以上のチャンスはないだろう。

「『WSOT』は、Bybitにとってはもちろん、仮想通貨業界にとっても初めての経験となる、巨大なトーナメントだ。Bybitは今後も、仮想通貨トレードに情熱をささげるトレーダー達に、力を与え続ける存在となるだろう」と、Bybitの共同創業者でCEOのBen Zhou氏は語った。「本コンテストは、フェアプレーと友愛の精神を尊重する点で、とても画期的といえる。世界の仮想通貨デリバティブの業者間で協力関係を育み、仮想通貨業界にポジティブな影響を与えたい」

Bybit社の社会貢献活動の一環として、賞金総額の5%(個人賞、チーム賞とも)が慈善団体に寄付される。

絶賛受付中!第1回WSOTへの参加申込はこちらから!

Bybitについて

Bybitは、2018年3月に設立され、シンガポールに本社をおく、グローバルな仮想通貨デリバティブ取引所(BVI認証済み)である。Bybitは、個人顧客からプロのデリバティブトレーダーまで、あらゆるの人々に門戸を開き、グローバルなユーザー基盤を持っている。

Bybitは、北米、ヨーロッパ、ロシア、日本、韓国、東南アジアをはじめとして、世界中にユーザーをもつ。個人顧客からプロのデリバティブトレーダーまで、分けへだてのないサービスを提供には定評がある。

Bybitの詳細はこちら:https://www.bybit.com/
最新情報はSNSで:Twitter Telegram

本記事はプレスリリースです。 コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本ページにおけるいかなる内容、正確性、品質、広告宣伝、商品、その他の題材についても、それを支持するものではなく、またそれらについて責任を負うものではありません。読者諸氏は、当社に関連したいかなる行動についてもそれを起こす前に、自身による調査をすべきものとします。コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本稿で言及されたいかなる内容、商品、サービスについても、それを活用または信用したことにより生じた、あるいは活用または信用したことに関連して生じた、もしくは生じたと申立てされる、いかなる損害や損失に対しても、直接的あるいは間接的な責任を負わないものとします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー