世界で5億ユーザーを擁するDADアドチェーンが、なぜデジタル広告業界を再構築し得るのか

広告を表す「アド(ad)」という言葉は、「注意、誘導、伝達」の意味を持つラテン語のadvertereから生まれ、後に「誰かに何かを知らせる」または「他人の注目を集めるために何かを知らせる」という意味に発展した。

現在、広告は私たちの生活の中に浸透している。家から会社までの道中で、バス、地下鉄、エレベーター、そしてトイレでさえも広告に覆われている。

そして、検索・動画・ゲーム・掲示板・SNS等、インターネットの中でも広告が溢れている。

生活の中で、私たちは常に広告に取り囲まれ、それによってその中のいくつかの問題が見えにくくなっている。たとえば、Facebookの個人情報が大量に流出した問題。広告料金の不正請求の問題。ブロックチェーンの広告がGoogle、やFacebook等で禁止されているという問題もある。

このような問題はユーザーに不満を抱かせ、新たな広告プラットフォームの登場が期待される。例えば、消費者にとって本当に必要なもので、品物自体にも価値があり、価格設定も良心的な製品を紹介し{