プレスリリース
Own this piece of crypto history

Collect this article as NFT

崩壊のタイムライン

-5月8日早朝、4Crvプールに備えるため、シンガポールを拠点にTerraネットワークを維持する非営利団体Luna Foundation Guard(LFG)が、UST-3Crvプールから1億5千万ドル相当のUSTを除去しました。この時プールのTVLは約7億ドルで、つまりこのプールの水を抜くのにかかった費用は約3億円でした。

- UST-3Crvプールの流動性のバランスを保つため、LFGはさらに1億ドル相当のUSTをプールから抜き出しました。

- 5月8日夜、Twitterの鯨警報アカウント「WhaleTrades」が必死に「警鐘を鳴らし」始めました:1時間ごとに数百万ドル分のUSTを売っているというツイートがあったのです。

- 5月10日の朝、Jump TradingとLFGは問題を察知したのか、USTのペグを支えるために保有するビットコインの売却をやめ、事態を漂流させました。その結果、USTは0.6ドルまで一気に急落しました。

- 5月11日、USTはソロス流の空売りに遭ったようで売り越しが相次ぎ、最低0.2998ドル(出典:CMC)まで急落しています。

5月11日は恐ろしい日となりました:USTとLUNAを意図的に空売りするショートセラーがいたようです。
- 4Crv Poolの準備金としてUST-3Crv Poolから流動性が引き出されている中、1つのウォレットが3億5000万ドル相当のUSTをCurveに投じ、USTの米ドルに対するペグを失わせたのです。これに対しLFGはペグを維持するためにBTCを売却し、その後、空売りが残りのUSTをBinanceに投売りしました。

- USTは深刻な債務超過に陥り、その後USTへの融資が行われました。その後、LFGがBTCを大量に貸し出す計画で救済に乗り出しましたが、BTCの急落を招いただけでした。USTを燃やして新しいLUNAを鋳造するため、かえってLUNAの供給量が増えてしまい、結果的に低迷しています。

- 空売りのBTCとLUNAのショートポジションによる利益は10億ドルを超え、投棄したUSTを中心としたコストは2億ドル以内と推定されます。

LUNAのエコシステムへの影響

TerraエコシステムのプロジェクトとLUNA、USTの密接な関係、DeFiレゴの再投資と利益を考えると、USTの投棄はLUNAマージン型、USTマージン型のステーキング、DeFi、レンディング、マージンなどのプロトコルと価格の両方に大きな打撃を与えていることになります。さらに悪いことには、プロトコルの清算を直接的に引き起こし、LUNAとUSTを二次的なデススパイラルに追い込んでしまったのです。

1) Anchor

AnchorはTerraのエコシステム上に構築された分散型貯蓄プロトコルとして、20%の安定したAPYを誇り、それが最大の特徴です。

USTペグ外れの影響を受け、AnchorのAPYは18.9%で推移しているが、Anchorのダッシュボードが示唆するように、総預金額は先週金曜日の140億ドルから39億9000万ドルに急落しています。

AnchorとTerraのエコシステムを補完するものとして、Orion.MoneyはUSDTやDAIなどの他のステーブルコインをUSTに変換して、Anchorのエコシステムで貯蓄の収益を得ることを促進するよう設計されています。具体的には、投資家はORIONに出資し、10%、15%、20%のAPYでかなりのリターンを享受することができます。USTのペグ外れにより、Orionプロトコルのステーブルコインのステーキングは50%以上低迷しました。

2) Mirror

Mirrorの合成資産は、株式やETFなど様々な金融資産をミラーリングするために、すべてUSTを主な担保としてミントされています。そのため、Mirrorにあるあらゆる米国株ベースの合成資産の投資需要は、最終的にUSTの需要に変わり、このステーブルコインの最も重要な利用シーンが生まれ、USTとLUNAに価値を提供することになります。

Mirror上のTerraチェーンのTVLは6億ドルから2.4億ドルへと60%減少しています。

3)Lidoとノードのステーキング

最大の流動性ステーキングプロトコルであるLidoは、早くも昨年からLiquid Staking for Terra計画を開始し、TerraエコシステムのノードがステーキングしたLUNAを公開しています。Lido上でステークされたLUNAも約60%下落しました。その結果、Lido内のTerraのステークはTVLは5月11日だけで80%下落し、7日間で91%という驚異的な下げ幅を記録しています。

一方、ノードのステーキングは、Terraネットワークの検証やセキュリティに直接影響します。今のところ、大量のノードが逃亡している様子は観察されていません。USTのペグ外れを考えると、今後ますますLUNAの流通量が増え、供給量も10億に向けて増えていくでしょう。

4) Abracadabra

AbracadabraはDegenbox UST戦略をローンチしています。ユーザーはUSTトークンを釜poolに投入し、MIMを借りるか、ポジションをレバレッジすることで、リターンを大きく向上させます。USTが1ドルのままである限り、この戦略は基本的にリスクフリーである。しかしUSTのペグが外れると、ユーザーは担保が切り下げられた場合に清算されるリスクがあります。

現在、Abracadabraプロトコルは、現在の市場状況に応じて、TerraのUST戦略からすべてのUSTをEthereumに戻しています。流動性と潜在的な清算に、より注意を払っているのです。

関連するリザーブプール

今年初めにアルゴリズムステーブルコインが直面したデススパイラルに関して、LFGはステーブルコインUSTのバリューペッグをサポートするために、ビットコインとAVAXのリザーブプールを作成しました。

BTCを例にとって、この仕組みを深く掘り下げてみましょう。LFGはもともと、BTCを使ってインフレ圧力を緩和することを目的としています。トレーダーがチェーン上でUSTをLUNAに交換すると、LUNAの新規供給が減り、デススパイラルを抑制し、システム全体のリスクへの耐性を高めることができます。Jumpが提案するオンチェーンメカニズムによると、1USTは0.98ドル相当のBTCと交換可能です。オフチェーン取引でUST価格が0.98ドルより低い場合、トレーダーはリザーブから割引価格でビットコインを購入することができます。このようなAMMメカニズムの変種は「ディフェンダー」と呼ばれます。USTの配信価格が0.98ドルを超える前に、市場でビットコインを購入するのに最適な場所は、そのリザーブプールです。この仕組みは、USTのペグをハードにサポートします。

BTCもAVAXも担保として使われることはありません。実際、アルゴリズムによるステイブルコインの脆弱性を考慮し、このような新しい仕組みは、コインをステイブルな資産にペグするように設計されており、ある程度は確かに売りに対するヘッジになります。このような巧妙な設計にもかかわらず、UST/LUNAは当 面、チェーン上のビットコインと交換することができません。さらに悪いことに、USTが1ドルのペグを維持するのに苦労しているため、LUNAの保有者は自信を失い、デススパイラルに陥ってしまうのです。

LFGはトークンをサポートするために、積み上げたビットコインに手をつけざるを得なくなりました。それによると、LFGはUSTの価格ペグを保持するために、13億BTC(28,205ビットコイン)を取引会社に貸し出したといいます。しかし、それはあくまで一過性のものでした。5月10日に発表された金利上昇とバランスシートの縮小が、事態をさらに悪化させています。近年の暗号市場への既存金融機関の一貫した流入により、ビットコインが米国株式市場に大きく近づいたため、米国株式の崩壊とLFGのビットコインの大きな融資を受けて、ビットコインは3万ドルを割り込みました。

AVAXもTerraと密接な関係にあるエコシステムです。Do Kwon氏は4月8日、AVAXをUSTに対する準備金として利用し、暗号利用者はAvalancheでUSTをミントできるようになると発表しました。これは、AVAXを利用した多くのプロジェクトを通じて、USTのユースケースを増やそうという試みでした。一方、Avalancheのエコシステムも独自のステーブルコインを必要としており、そのため双方はすぐに意気投合したのです。しかし、この一見完璧に見えるパートナーシップにも落とし穴があります。AVAXとUSTの動作原理は、先に紹介したBTCのそれと同様、仮想AMMプールを形成し、AvalancheのC-ChainでUSTを獲得したユーザーが1ドル分のAVAXを1ドル分のUSTと交換したり、1ドル分のUSTを99セント分のAVAXに変換したりできるものです。この非対称裁定デザインは、USTが下落したときにのみ利用されることに留意する必要があります。

幸いなことに、現時点では、AVAXはUSTのミントに直接使用することはできません。DoKwon氏が発表したAVAX積立金は、LFGが取得した1億AVAXを対象としており、この取引はAvalanche財団を通じて店頭(OTC)方式で処理される予定です。この取引の詳細(ロックアップ期間の有無や具体的な価格など)は、まだ一般には知られていません。LUNAの99%近い急落に比べ、市場全体の影響で20%以上値下がりしたAVAXは、さほど影響を受けてはいません。同時にこのメルトダウンは、パブリックチェーン分野全体に警鐘を鳴らしました。すべてのエコシステムにステーブルコインが必要なのか?エコシステム型ステーブルコインUSNを黎明期に立ち上げたNEARは、AVAXよりも大きな影響を受け、市場の信頼を失ったことで没落に至ったのを忘れてはいけません。

他のアルゴリズム型ステーブルコイン

UST の破綻によるステーブルコインの信頼性の危機は、他のコインプロトコルにも及んでいますが、これは他のプロトコルとその基礎となるメカニズムに対するユーザーの信頼性を検証する良い機会でもあります。

UST 崩壊の前後で、分散型ステーブルコイン(フィアット担保の USDC、USDT、TUSD 等を除く)に大規模なペグ外れの痕跡は確認されていない(閾値を 5% とした場合)。例外はHARD ProtocolのUSDXで、約8%の下落がありました。FEIやFRAXのように部分的にコラテラル化されているものでさえ、深刻なものには見舞われていません。

残念ながら、UST はステーブルコイン、特に FXS や SPELL のような完全担保ではないアルゴリズムコインやコイン・プロトコルの市場の信頼を破壊してしまいました。

ダイナミクス:

一部の情報筋によると、LUNA のメルトダウンは HF Citadel Securities が仕組んだ可能性があり、このウォール街の有名プレイヤーが 10 万ビットコインを貸し出して市場をショートさせ、LUNA のペグが潰れ、悪循環スパイラルに陥ったと示唆されています。

Do Kwonはまず助けを求め、LUNAを50%割引で売却することで10億ドルを調達しようとしましたが、この提案は却下されました。

その後彼は第1164号議案を発表し、賛成35票、棄権4票で可決された。この議案は、主にUSTの燃焼を早める働きを行います。具体的には、SDRのベースプールを5000万ドルから1億ドルに増やし、プール回収ブロックを36ブロックから18ブロックに減らし、USTのミント能力を2億9300万ドルから12億ドルに引き上げます。

多くの韓国の大企業の大量の伝統的資金が、フィンテックと決済に注力する韓国企業TerraにUSTの形で保管されています。こうした資産は法的な影響をもたらします。暗号投資家にほとんど影響を与えるLUNAと比較して、USTは非暗号コミュニティからのより多くの資金を含んでいます。比較すると、そのような資金にはより大きな責任とより厳しい法的規定が伴います。2つのうち1つだけを選べと言われたら、USTの価値を確保するためにLUNAは間違いなくあきらめることになります。外部資金に頼れない場合は、LUNAを鋳造してUSTを燃やし続け、LUNAをより価値の高い資産(BTC/USDT)に変換して、USTペグを安定させるしかないでしょう。LUNAの価値を搾取し続けることでUSTペグを安定させることが、USTを救うための唯一の実現可能な方法なのです。そのため、LUNAの価格は、外部からの資金調達によって悲劇が終わるまで下落し続けるかもしれません。

一言で言えば、LUNAは台座から転落したのです。

この記事を書いている時点では、LUNAの価格は0.8ドル、USTの価格は0.68ドルです。

*上記は投資アドバイスではありません。

* ViaBTC CapitalCoinEx、ViaBTC Mining Pool、CSC Smartchain、 ViaWallet はマイニングプールのViaBTCが運営している事業です。CoinExのコアチームメンバーは、アーリーアダプターや暗号通貨の専門家を含む世界有数のインターネットおよび金融企業の出身者で構成され、研究開発、グローバルな事業、および業界サービスの豊富な経験を有しています。 当社独自の取引マッチングシステムと優れたユーザー体験により、世界中のユーザー向けに、高度に安全かつ安定した効率的な暗号通貨取引所の構築に専念しています。

本記事はプレスリリースです。 コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本ページにおけるいかなる内容、正確性、品質、広告宣伝、商品、その他の題材についても、それを支持するものではなく、またそれらについて責任を負うものではありません。読者諸氏は、当社に関連したいかなる行動についてもそれを起こす前に、自身による調査をすべきものとします。コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本稿で言及されたいかなる内容、商品、サービスについても、それを活用または信用したことにより生じた、あるいは活用または信用したことに関連して生じた、もしくは生じたと申立てされる、いかなる損害や損失に対しても、直接的あるいは間接的な責任を負わないものとします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー