「μNest」説明会を開催〜IoT×ブロックチェーンの実現を目指して〜

2018年7月25日(水)19:00~21:00に実施
於:WeWork六本木(住所:東京都港区六本木一丁目4番5号 アークヒルズサウス16F)
 μNest(ミューネスト)社団法人(所在地 3 TEMASEK AVENUE #21-55 CENTENNIAL TOWER SINGAPORE/最高責任者:Neo Ma ネオ・マー)は、プロダクト説明会(Meetup)を7月25日に開催しました。
 説明会では、創設者の最高責任者兼最高技術責任者Neo Ma (ネオ・マー)、Co-founderの最高執行責任者Esther ZHANG (エスター・チョー)、コア・ディベロッパーRichard YANG (リチャード・ヤン)の3名より、μNestのビジョンや競合他社との違い、技術的な優位性について話をしました。
 また冒頭ではミスビットコインこと藤本真衣氏から「IoTとブロックチェーンの未来・可能性」についての基調講演が行われました。

 ブロックチェーンのアプリケーションシナリオの実現を目的に、既存の問題を解決する実用的なソリューション提供ができるよう、uNestのエンジニアのコアチームが、確固たる暗号化技術と豊富なエレクトロニクスの経験と知識を統合し、独自の技術を開発しました。 

 μNestの製品は、IoTの展開、アップグレード、オペレーションに特化したセキュリティの問題に対するソリューションを提供します。また、データのライフサイクルにおいてIoTデータの純度、完全度やプライバシーに対しコミットし、M2M(machine to macnhine)の相互作用の安全性と有効性を追求しています。

【1】最高責任者兼最高技術責任者Neo Ma (ネオ・マー): μNest(ミューネスト)のビジョン

 ネオ・マーは主に技術的な観点から、プロジェクトの未来、目的について話をしました。
 「μNest(ミューネスト)はIoTとブロックチェーンを融合したプロジェクトです。パブリックブロックチェーンだけではなく、ハードウェアウォレットも提供しています。安全と簡易的であることが特徴です。ミューウォレットはM2Mの支払いにも使用されます。ミューゲートは、IoTとブロックチェーンの両方にとって重要な役割を果たすためにマルチプロトコル、マルチファンクションゲートウェイを搭載したシステムです」
 さらにミューウォレットの詳細について説明をしました。
 「ミューウォレットはハードウェアウォレットとソフトウェアウォレットの両方に適用できます。TEEというファクターによって安全性を高めています。また対人間だけではなく、M2Mでも成り立ちます。人間に適用した場合は、指紋などで認識できます。物に適用した場合は、物理的な場所やQRコードなどに適用できます」
 そしてμNest(ミューネスト)の具体的な構想についても語りました。
 「自動車を例にすると、メーカーや消費者、修理のサービサーなどを製品である車が移動する履歴を追跡することができます。そのことによって、今までのように第三者に頼る必要がなくなります。μNest(ミューネスト)はスマートシティ、スマートグリッドなど多くの分野にも適用できます」

【2】 Co-founderの最高執行責任者Esther ZHANG (エスター・チョー):進捗状況・強みについて

 エスター・チョーからはプロジェクトの進捗報告があり、テストネットの段階まできていることが説明されました。これは全体の80%以上の開発が終わっていることを示