現金がなければ痛みもない 紙幣のない世界ではいったい何が起こるか?

ある朝目覚めたとき、もしも私たちの慣れ親しんだ紙幣が全て無くなっていたとしたら何が起こるのだろうか?空っぽの財布を振ってみたとしても、それは何の役にも立たないだろう。しかし何の手立てもないわけではない。まだ私たちは仮想通貨を利用できる。ブロックチェーンに基づく技術により、すでに無数の仮想通貨が生み出されている。それらは紙幣が失われたあとの空白をすぐに埋めてくれるだろう。仮想通貨の消滅によって最初に犠牲となるものの一つは分厚い物理的な財布だろう。財布はもはや必要とされなくなる。私たちはあらゆる取引をスマートフォンを使って実行できるようになるだろう。しかし、紙幣が消えてからほどなくして、真の変化が起こり始めるはずだ。

社会的変革の時代

仮想通貨とその根底を成すブロックチェーン技術は新時代の先触れとなるだろう。紙幣という制約抜きで世界規模の取引が実行できるからには、デジタル・キャッシュの新たな使用法を可能にする新たなシステムが構築されるはずだ。ニカラグアの学生はすぐに、自分の奨学金を仮想通貨ウォレットで直接受け取れるようになるだろう。作家はカナダに存在する好きな慈善事業へと、自らの印税の半分を自動的に寄付できるようになるだろう。仮想通貨は世界中で利用されるとともに、モノのインターネット化(IoT) といった技術と組み合わせられるはずだ。そのため、スマートでエネルギー効率の良いエアコンは自ら節約した金額を投資信託や銀行口座へと直接送金できるようになる。

ブロックショー・アメリカ2018にて、セルシウス・ネットワーク創業者のアレックス・マシンスキー氏などの専門家が仮想通貨の有用性、とりわけ仮想通貨によって恵まれない人々を援助できる方法について自らのアイデアを示してくれた。アレックス・マシンスキー氏のセルシウス・ネットワークはすでに、銀行口座を持たない人に金融サービスを提供するのに役立つウォレットの実現に取り組んでいる。

現金がなくなれば汚職もなくなるかもしれない……のだろうか?

今日私たちが知っているように、現金は全く追跡できない。世界経済フォーラム(WEF)によれば、汚職と戦うに当たっての特に大きな障害の一つが現金である。WEFは次のように述べている。「毎年、政府支払いと政府移転支出のうち、数千億ドルが現金で行われている。これらには政府による給料、医療支払い、年金、困窮世帯への経済的支援が含まれている。そのような支払いは追跡困難、不安定、非効率になりがちだ。現金が有する匿名性により、一部の着服や存在しない「幽霊」受領者に対してそのような支出は弱くなっている。これは小さな問題ではない。その結果として、新興経済国では毎年1100億ドル以上が失われている」

物理的な貨幣が無くなることで、難民は受け取るべきものをデジタル通貨という形で直接入手できるし、その難民にすでに提供されているあらゆるサービスに対して、より良い追跡を有効化することもできる。ホームレス、生活困窮者、恵まれない階級の人々は現金かそれに類するもので恩恵を得られるし、変更不可能なブロックチェーン技術は資金や物品の移転を追跡するために利用できる。これによって着服を撲滅し、政府補助金の適正な展開に役立つだろう。ブロックショー・アジア2018では、現金が使われる場合でも、あるいは紙幣のない世界が到来する場合でも今後の世界をより良くするために導入できるソリューションについて討論する機会がある。

私たちの手が届く未来

紙幣のない世界では、医療のような的を絞ったサービスは、不正行為やサプライチェーン上の損失が減るため、効率化が進むだろう。教育への資金提供は、長距離の送金コストが下落するため、もっと容易かつ安価になるはずだ。学生は自らの学位や卒業証明を検証可能な電子フォーマットで安全に保存できるようになるだろう。また、人々は市民サービスの改善も実感し始めるはずだ。地方政府、州政府、連邦政府から免許、証明書、許可書を取得することがブロックチェーンに基づくウォレットによってより迅速・単純・便利になるからだ。貯蓄家と投資家は銀行や銀行以外の金融機関に対してかつてないほどの信用を感じられるはずだ。ほとんどの仮想通貨が中央銀行による無規律性の影響にさらされないという事実はこの経済システムの信用性を強めるだろう。また、ハイパーインフレや銀行への取り付け騒ぎのような事態も歴史の本だけに存在するようになるはずだ。

いま、未来を創ろう

紙幣のない世界とは、いったいどんな感じなのだろうか?今日、それは想像できるだけでなく、実行できるものでもある。アジア・ブロックチェーン・ウィークのブロックショー・アジア2018はあなたが重要な進化段階にあるブロックチェーンの成熟に貢献できるチャンスだ。ブロックチェーンは成熟に向かっており、あなた自身がそれを目撃できる。ブロックショーは人々が専門家のアイデアに耳を傾ける場を作り上げているだけではない。テクノロジーを社会に役立てられる、そんな新たな社会の構築に参加するためのものでもある。私たちの目的とは、将来の問題に対処するための共通のビジョンをいま考え出せるように協力して取り組むことだ。出資者となることを望むにせよ、チケットの購入を希望するにせよ、今こそブロックショー・アジア2018に参加し、この世界最高のブロックチェーン産業カンファレンスで一流の人々と交流すべき時である。

ブロックショーは人々が専門家のアイデアに耳を傾ける場を作り上げているだけではない。テクノロジーを社会に役立てられる、そんな新たな社会の構築に参加するためのものでもある。私たちの目的とは、将来の問題に対処するための共通のビジョンをいま考え出せるように協力して取り組むことだ。