プレスリリース

7月6日、OVOプラットフォームでNFTオークションを始めた日本人気スタンプにゃっちーず、入札開始からわずか30分以内に入札価格が33万円まで高騰した。最終的に355万円で落札され、「史上最強のスタンプキャラ」として注目を集めている。

7月3日から7月6日にかけて、にゃっちーずのNFTカードはOVOプラットフォームのオークションで合わせて4件を出品されたが、初日の3日に行われたオークションは、入札額が停滞したまま静かに終了を迎えた。翌日の4日、夜20時から21時にかけて行われたオークションは前日と比べて少しだけ賑わいを見せたが、最終的に1万3千円という落札価格で幕を閉じた。

7月5日、にゃっちーずのNFTカードがオークションに出品されると同時に、入札額はいきなり11万円を突破しており、わずか30分の間に33万円まで跳ね上がった。5日は最終的に62万円という高値で落札され、「史上最高値のスタンプ」として記録を残した。

7月6日、最終ラウンドのオークションでは、驚愕の急スピードで値段が跳ね上がったため、コミュニティでは一時的に大騒ぎとなった。入札開始からわずか10分後、値段はすでに66万円を突破しており、30分過ぎた頃にはおよそ110万円まで高騰した。21時にオークションは幕を閉じたが、最終的に355万円以上という空前の高値で落札され、にゃっちーずは「史上最強のスタンプキャラ」としてもう一度記録を残した。今回値段を押し上げた原因としては、恐らく、にゃっちーずの熱狂的なファン層であると推測しているが、もちろん、出品されたカードの希少性、及び今後の値上がりを見込んだ投資家達の影響も排除できない。

この度、にゃっちーずのオークションを通して、ユーザー達はNFT市場の巨大な潜在力を再認識することになった。オークションが終了した後、にゃっちーずはOVOガチャシステムで「にゃっちーずの冒険」シリーズをリリースする予定であると伝えている。

7月3日にリリースされたOVO(The Only Value Observation)は、Dao Chain Investment Management Limitedが開発したデジタル著作権認証及び取引プラットフォームであり、改ざん不可能なブロックチェーンとスマートコントラクト技術によって構築されている。二重確認メカニズム(Double copyright inspection mechanism: DCIM)と第三者顧問団制度(有名ブランドの顧問及び権威のあるアーティスト連盟)によりアーティストの著作権を保護し、NFTアートのミント(Mint)や発行、交換、DeFiソリューション等を一体化した派生サービス、及びメタバース(Metaverse)へのインターフェースを提供している。

直にリリースされる「にゃっちーずの冒険」シリーズ第一弾は、計77枚のNFTカードによって構成されており、NFTカードごとに特定の物語が埋め込まれている。ガチャを通してすべてのNFTカードを集めると、ユーザーは77枚のカードで構成された「全ストーリー」を入手することができる。近い将来、ガチャで獲得したNFTカードはOVOプラットフォームの「カードマイニング」を通してトークンを獲得することも可能となり、これから様々なユースケースが段階的にリリースされると言われている。
オークションの最終日に355万円で落札されたことから、にゃっちーずの高い人気度とNFT市場の熱度を垣間見ることができた。OVOガチャで産出されるにゃっちーずのNFTカードは、どれぐらいの値段が付けられるかは、今後注目すべきところである。

【公式サイト】:www.ovo.space
【公式ツイッター】:@ovo__official
【公式メール】: contact@ovo-nft.com
【テレグラム】:https://t.me/OVO_FANCLUBJP

本記事はプレスリリースです。 コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本ページにおけるいかなる内容、正確性、品質、広告宣伝、商品、その他の題材についても、それを支持するものではなく、またそれらについて責任を負うものではありません。読者諸氏は、当社に関連したいかなる行動についてもそれを起こす前に、自身による調査をすべきものとします。コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本稿で言及されたいかなる内容、商品、サービスについても、それを活用または信用したことにより生じた、あるいは活用または信用したことに関連して生じた、もしくは生じたと申立てされる、いかなる損害や損失に対しても、直接的あるいは間接的な責任を負わないものとします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー