アジア発「カジノ×ブロックチェーン」革命でカジノ市場の急拡大を牽引

NEVULA(ネビュラ)」は、オンラインカジノランドベースカジノを統合したブロックチェーンプロジェクトである。NEVULAトークンはカジノのチップ化、カジノ周辺サービスを利用出来るユーティリティトークンであり、国境の隔たりなく各国のカジノに更なるエンターテインメントを提供することにより、カジノ市場にさらなる活気をもたらすことが期待されている。

拡大するカジノ産業

世界でカジノが合法化されている国は130カ国を超える。また、その産業規模は、2017年には1266億ドルだったが、2021年には1865億ドルにまで成長すると見込まれている(Statista社及びResearch & Markets社のレポート参照)。
日本でも統合型リゾート(IR)実施法案が可決され、監督機関の整備や候補地の誘致合戦が本格化してくる。カジノがオープンすれば、日本だけでも年間110億ドル~240億ドルの収入が見込まれるとの見方もある(Global Market Advisors社のレポート参照)。

世界各国のカジノ、オフィシャルジャンケットと提携

NEVULAプロジェクトの魅力は、GrandMaxim、 Futroを代表とする世界各国のカジノ、オフィシャルジャンケットと提携済みであるという点にある。
本提携により、アジアを中心とした7つのランドベースカジノでNEVULAトークンを使用することができ、この実用性の高さが従来の「カジノコイン」と異なるポイントだ。
今後も、マカオ最大のカジノゲーミングマシン開発会社の創業メンバーがパートナーにいる強みを活かし、引き続きオンラインカジノ、ランドベースカジノ共に提携先を拡大させていく予定だ。

強力なパートナーシップ

中華圏や北米、東南アジアでブロックチェーンを活用したエコシステムの構築で多数の実績を誇るTEAMZ、中国の有力なブロックチェーン技術企業をパートナーに持つ日本の上場企業、ピクセルカンパニーズがパートナーとしてNEVULAプロジェクトをサポートする。

■今後について

9月28日〜29日に開催されるTEAMZ BLOCKCHAIN SUMMITにて、CEOの清水雅史氏が登壇しNEVULAプロジェクトについてスピーチを行う。 以降もアジアを中心にカンファレンスへの参加・ミートアップの企画を行い、NEVULAを広く知ってもらうための活動を続けていく。
また、11月11日~12月10日までの1ヶ月間、NEVULAトークンのクラウドセールを実施する。総発行枚数は400億枚となる。
2020年迄に、世界のカジノ主要都市にある全てのランドベースカジノとオンラインカジノにてNEVULAトークンの導入を計画している。

Twitter ツイッター
Telegram テレグラム

会社名:CHAIN BASE PTE. LTD.
公式サイト:https://nevula.tech
会社HP:https://chainbase.tech
連絡先:support@nevula.tech