プレスリリース

Free TONの無限のシャーディングメカニズムによる新しい分散型取引所が、リテールトレーダーの取引効率を大幅に向上する。

「大きな痛手だ」と、Uniswapユーザーは言う。イーサリアムのガス代のことである。数ヶ月間で非常に大きな成長を遂げた結果、イーサリアムの分散型取引所はリテールトレーダーにとってかなり使いづらいものになってしまった。

この問題を解決するため、Free TONとイーサリアムネットワークを繋ぐ開発者の集まりであるBroxusチームは、次世代分散型取引所TON Swapをローンチした。これはUniswapやSushiSwapなどのイーサリアムベースの分散型取引所の最良の機能を持つが、処理能力が早く安価なFree TONブロックチェーン上で稼働する。

「Free TONは、必要に応じて新しい『シャード』を作成するダイナミックなシャーディングメカニズムのおかげで、1秒に何千という取引を取扱うことのできるマルチブロックチェーンプラットフォームである。開発者によると、最も速い処理能力を持つブロックチェーンと言われている。」

— Cointelegraph

他のAMMベースの取引所と同じように、TON Swapは流動性プールを持ち、個別のスマートコントラクトが実装される。しかしイーサリアムのコントラクトとは異なり、Free TONコントラクトは分散され、無限のシャーディングメカニズムから利益を得る。結果として、取引のガス代は桁違いの安さを実現する。平均すると、Uniswapで約200ドルのところを1ドル以下におさめる。そしてこれはネットワークのワークロードには依拠しない。

ペア通貨の両方を持つユーザーは自らプールを作成でき、その対価としてLPトークンを獲得する。このリクイディティプロバイダートークンは、プールでのステークを示し、取引手数料分配のベースとしての役割を果たす。現在の交換レートは0.25%で、これが直接リクイディティプロバイダーに提供される。ベータテスト期間中、TON Swapは手数料を課さない。

ローンチの時点で、TON SwapはWTON/USDTの設定済プールを提供する。このプールに流動性を提供するユーザーは、Free TON DeFi Allianceのイールドファーミングプログラムに参加する権利を得る。これを行うためユーザーは、AlianceがUniswapのリクイディティプロバイダーに対して行ったのと同じ専用のコントラクトでLPトークンをステークしなければならない。ファーミングプログラムにおいて、コントラクトはステークされたトークンの量に比例して20万TONを分配する。

「当社の次のステップは、ガバナンスシステムの実装と徹底的なDEXのセキュリティ監査である」と、BroxusのCEO、Vladislav Ponomarev(ヴラディスラフ・ポノマレフ)は言う。「ユーザーの資産のセキュリティは第一優先事項だ。」

プロジェクトの最新情報については随時お伝えする。

本記事はプレスリリースです。 コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本ページにおけるいかなる内容、正確性、品質、広告宣伝、商品、その他の題材についても、それを支持するものではなく、またそれらについて責任を負うものではありません。読者諸氏は、当社に関連したいかなる行動についてもそれを起こす前に、自身による調査をすべきものとします。コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本稿で言及されたいかなる内容、商品、サービスについても、それを活用または信用したことにより生じた、あるいは活用または信用したことに関連して生じた、もしくは生じたと申立てされる、いかなる損害や損失に対しても、直接的あるいは間接的な責任を負わないものとします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー