プレスリリース

ベンチャー投資家は、エクイティ投資の絶好の機会を楽しんでいる。個人投資家が手に入れたのは、ベンチャー投資家のおこぼれと変わらない。

莫大なリターン報酬は、ベンチャーキャピタルファンドの早期リスクを大幅に補う。いわゆる、彼らのトラブルに対する良い補償である。その後、会社が上場し、個人投資家に投資機会を提供した時、大部分がベンチャー投資家に飲み込まれるだろう。  

仮想通貨融資の特徴は、私たちが知っているインターネットのバブルであり、この業界が崩壊前に繁栄した日が短いという特徴がある。2017-2018はICO投資にとって最も実行可能な年だった。当時、ICOは仮想通貨の名前で知られていたが、投資家たちは、ICOを仮想通貨に早期に参入する最も簡単なルートと考え、興味を持っていた。 

ブーム時は、「くだらない」プロジェクトと「よく考えられた」プロジェクトの両方が市場で好調だった。何千ものプロジェクトの中で旨味があるプロジェクトを見極めることは非常に難しかった。詐欺集団はそのブームを利用して、全く中身のないプロジェクトを打ち出し、投資家から数百万から数千万ドルを騙し取った。

ICOはどのようにゴミになったのか

ICOは2017年に49億ドルを調達し、2018年には60億ドルに増加した。ICO市場の盲目性のため、2017年に発売された多くのプロジェクトは仮想通貨バブルの波を受け、ICO投資家に莫大な収益をもたらした。しかし、2018年以降はその物語は全く逆のものになった。

実際の価値がほとんどなかったり、全く価値がなかったりするプロジェクトは、早期投資家に発行された価格をはるかに下回って取引されている。ICOの投資家にとって、エクイティ投資から最大の利益を受けられるベンチャー投資家の物語は突如、夢物語になってしまった。 

2017年から2018年に行われたトークン販売を行ったプロジェクトの総数のうち、 80%以上は灰のように消えた。仮想通貨市場に殺到したさまざまなゴミトークンの中からまともなトークンを見つけられる確率は非常に低い。

IEOはICOよりも優れたモデルのように感じられるが、その活動を詳しく見ると、ICOの説明以上のものは何もない。 

ダイナミックコインオファリング(DYCO)は全ての問題を解決する

DYCO(ダイナミックコインオファリング)は、初期投資家または株式投資家の資産を最大化することを目的とした資金調達構造だ。賭けは、プロジェクトが成功するか、投資家が払い戻しを受けるかのどちらかである。このモデルは、取引所に上場した後、トークンまたはコインが決められた値段以下で取引されてはならない最低価格しきい値を設定する仕組みだ。

これらのトークンは証券として発行されることはないが、プロジェクトチームは資金を投入することに責任を負う。チームは透明性の高いプロジェクトを進めることを唯一の目的とする。

広い意味では、DYCOはマネーバック公共事業用トークンである。トークンの売上で調達された資金の80%は、トークンの価格がその発行価格の0.8倍で取引された場合、潜在的な買い戻しのためにエントリーされる。これは、投資家に無制限の伸び代を提供しながら、初期投資を確実に保護するためのカバーを提供する。 

トークンの価格が1ドルで発行された例とする。上場後、トークンの価格が指定時間内に0.8ドル以下に急落し、チームは初期トークンの販売価格の0.8倍でこれらのトークンを買い戻さなければならない。買い戻し期間は以下のよう、トークンの販売後9、12、16か月後に払戻スケジュールで行われる。

  1. 25%の買い戻しは9カ月目 
  2. 37.5%の買い戻しは12カ月目 
  3. 37.5%の買い戻しは16カ月目

DYCOの独自性と優位性を注目

この16か月はプロジェクトの実行可能性を証明するための十分な時間をチームに提供し、指定された日ごとに1つのマイルストーンとして作業を行う。この期間中、チームは追加のトークンを発行することも制限される。

デフォルトの場合、すべての買い戻しトークンが破壊され、インフレのトークン経済を引き起こす可能性がある。1つのトークンがすべての3つの段階で十分に機能しない場合、すべてのトークンが買い戻され、また、破壊されるべきである。そのため、仮想通貨市場の中、よくないプロジェクトを除去するシステムが構築される。

一方、1つのプロジェクトが最初の9か月のマイルストーンで失敗し、買い戻したトークンを破壊された場合は、トークンの供給を減らすことができ、「マーケットFOMO」が生じ、トークンの価格にプラスの影響を及ぼす可能性がある。これにより、プロジェクトは最初のマイルストーンでは失敗するが、2番目と3番目のマイルストーンでは成功する可能性がある。
 
DYCOは既存のブロックチェーン融資モデルを改善し、持分融資者を優先的に考慮するシステムを構築した。これはトークン保持者にある程度の権利と安全性を与え、仮想通貨販売を再び魅力的なものにする可能性がある。このようなモデルが今後どのように発展するかはまだ分からないが、時間が解決するだろう。

本記事はプレスリリースです。 コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本ページにおけるいかなる内容、正確性、品質、広告宣伝、商品、その他の題材についても、それを支持するものではなく、またそれらについて責任を負うものではありません。読者諸氏は、当社に関連したいかなる行動についてもそれを起こす前に、自身による調査をすべきものとします。コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本稿で言及されたいかなる内容、商品、サービスについても、それを活用または信用したことにより生じた、あるいは活用または信用したことに関連して生じた、もしくは生じたと申立てされる、いかなる損害や損失に対しても、直接的あるいは間接的な責任を負わないものとします。

コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー