プレスリリース

12月9日、Bithumbが仮想通貨CyberVein(CVT)の公式リリースを公式に発表した。ユーザーはBithumb上でCVT資産の取引・管理ができるようになる。

2014年に設立されたBithumbは世界有数のデジタル資産サービスプラットフォーム。仮想通貨ビットコイン(BTC)を扱うグローバルハブとしても世界トップ5に数えられている。日次取引量は13,000 BTCを超え、世界のBTC取引量の約10%を占めるほか、仮想通貨イーサリアム(ETH)の取引でも世界最大の市場規模を誇る。

最新情報はBithumbとCyberVeinの公式サイトで確認できる。今回のパートナーシップの詳細はこの後発表される予定だ。また、チャージのタイミングについても別途通知されるという。

現時点で、本日のCVTの最高上げ幅は25%を記録している。

シンガポール発の仮想通貨CyberVein(CVT)は、韓国の最大手仮想通貨取引所 Bithumbに正式に上場した。すでに同取引所における取引用のアドレスが公表されている。

CyberVeinは先立って、複数のユースケースを発表してきた。『DAVE Alliance』は、ブロックチェーンデータベースにおける連携を目的とした広範なアライアンスで、データ倫理と収益化のための新たな基準を確立するという理念のもと、アライアンスへの加盟を広く呼びかけている。その範囲は、ビッグデータ、クラウドストレージ、人工知能(AI)、 企業、非営利団体、大学、データ活動家にもおよぶ。さらに、分散型非代替性トークン(NFT)発行プラットフォームのさきがけとなる『CROSS』の開発も進行中だ。

CyberVeinは、2017年にシンガポールCV Technology Foundationによって設立された。同社はスマートシティのグローバルオペレーションセンターとして、世界各国でスマートシティの建設・開発に従事している。産業分野への導入を得意とし、効率的なデータバリューエコシステムと、新開発のDAVE(データ分析および評価エンジン)により、4つのスマートシティソリューションの開発に成功した。これらのソリューションは世界各地で建設予定のスマートシティに対して、カスタマイズされた形で提供される。

Bithumbは、世界有数のデジタル資産プラットフォームである。ビットコイン(BTC)の取引量では世界トップ5に入り、日算13,000BTCの取引を処理。これは世界のビットコイン取引量の10%に相当する。イーサリアム(ETH)についても世界トップクラスの実績を誇る。CVTがこのような巨大プラットフォームに上場したことは大きな利点を得たといえる。プレゼンスの拡大と普及を図り、広範なユーザーに対してより高品質なサービスを提供可能だからだ。Bithumbとの強固なパートナーシップは、将来的にも大きな成果をもたらすだろう。

「CyberVeinはかねてより、世界の大手ブロックチェーン企業や仮想通貨マーケットと緊密な協力関係を築いてきた。今回の上場により、韓国をはじめとするアジア地域でのCVTの認知度と関心は一段と高まったといえる。Bithumbとの強固なパートナーシップをもとに、エコシステムを拡大し、ピークパフォーマンスを向上させたい」とCyberVeinのグローバルアンバサダーJack氏は語った。

CyberVeinについて

CyberVeinは、2017年にシンガポールのCV Technology Foundationで設立された。同社は現在、エンタープライズレベルのブロックケアとビッグデータのカスタマイズサービスに注力している。CyberVeinは、学習・研究・金融・産業・政治のユビキタスな連携、デジタルプラットフォーム、そしてオムニプレゼントな情報に基づく、新しいスマートシティの構築に取り組んでいる。CyberVeinの詳細については、www.cybervein.orgをご覧ください。

CyberVein Japan日本 Telegram: https://t.me/CyberVeinJapan


本件に関するお問い合わせ
担当: Micky Sun
連絡先Emailprteam@cybervein.org

本記事はプレスリリースです。 コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本ページにおけるいかなる内容、正確性、品質、広告宣伝、商品、その他の題材についても、それを支持するものではなく、またそれらについて責任を負うものではありません。読者諸氏は、当社に関連したいかなる行動についてもそれを起こす前に、自身による調査をすべきものとします。コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本稿で言及されたいかなる内容、商品、サービスについても、それを活用または信用したことにより生じた、あるいは活用または信用したことに関連して生じた、もしくは生じたと申立てされる、いかなる損害や損失に対しても、直接的あるいは間接的な責任を負わないものとします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー