プレスリリース

ERC-20トークンのための初のOTC分散型取引所(DEX)であるBazarswap。このDEXは、分散型金融エコシステムにおいて、他の取引所と比較しても様々な利点を提供している。

さらに、現在、同プラットフォーム上でERC-20トークンを販売設定したユーザーは最大6イーサ(ETH)を獲得できる — 詳細はこちら

Bazarswapは、ユーザーが様々なERC-20トークンを交換できる万全なセキュリティを備えたOTC DEXプラットフォームを提供しており、非カストディ型のこのDEXでは、取引はピアツーピアのメカニズムを用いてトレーダー間で行われる。これにより、取引可能なトークンは取引所には転送されず、取引完了まで売り手のウォレットに残ることになる。

BazarswapはすべてのERC-20トークンをサポートしており、トレーダーはユーザーフレンドリーなインターフェースを使ってプラットフォーム上でスワップや交換を行うことが可能だ。トークン販売の際には複数のアドレスを作成し、異なる価格を設定することもできる。全ての取引プロセスは、通常のOTCプラットフォームと同様に簡素化されており、新規のユーザーも簡単に取引を実行することができるだろう。

Bazarswapのもう一つの特徴は、取引所でのスリッページがないことで、ユーザーは購入したトークンの価値を完全に享受することができる。人気の取引所のいくつかでは、取引のボラティリティーが高いため、頻繁なスリッページ発生の問題を抱えていることが知られている。これは言い換えれば、ほとんどの場合、トレーダーがスワップまたは購入したトークンの真の価値を得られないことを意味する。しかしこの点、Bazarswapでは、取引の際にスリッページが発生しないよう設計されている。

また、Bazarswapはプラットフォーム上での取引手数料をゼロとしており、取引手数料のない数少ない分散型取引所の一つとなっている。トレーダーは、取引のためのイーサリアムのガス代を除けば、コストをかけずにスワップや取引を行うことができることになる。

最後に、この分散型取引所がOTC DEXプラットフォームとしてのユニークな立場から、無流動性メカニズムを採用していることを指摘しておきたい。取引はトレーダー間で行われるため、取引を行うために既存の流動性が提供される必要はない。これにより、Bazarswapは、すべての活動がユーザー間で行われる、完全に分散化されたプラットフォームとなっている。

Bazarswapは、将来的に取引手数料を導入し、その手数料をMNE(マイナリウム)フィーの株主に分配予定だ。株式はMineruem Fee Share DEXを介して誰でも購入することができる。また、Bazarswapは近い将来、バイナンス・スマートチェーンでのリリースも予定している。

Bazarswapについてさらに詳しく知りたい方は、同プラットフォームのウェブサイトをご覧ください。

本記事はプレスリリースです。 コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本ページにおけるいかなる内容、正確性、品質、広告宣伝、商品、その他の題材についても、それを支持するものではなく、またそれらについて責任を負うものではありません。読者諸氏は、当社に関連したいかなる行動についてもそれを起こす前に、自身による調査をすべきものとします。コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本稿で言及されたいかなる内容、商品、サービスについても、それを活用または信用したことにより生じた、あるいは活用または信用したことに関連して生じた、もしくは生じたと申立てされる、いかなる損害や損失に対しても、直接的あるいは間接的な責任を負わないものとします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー